届出様式・評価システム・マニュアルのダウンロードページ

更新日:平成29年6月30日

大阪府の建築物環境配慮制度のページ

制度届出届出様式等ラベリング公表
(結果とラベル)
おおさか環境に
やさしい建築賞
関連リンク

重要なお知らせ(平成29年4月1日からの変更点)

・平成29年4月1日以降の届出より、CASBEE評価ソフトのバージョンを「CASBEE−建築(新築)2016年版」に変更しましたので、原則として、2016年版評価ソフトを使用して評価を行ってください。ただし、平成28年省エネ基準以外の基準に基づき算定した場合は、「CASBEE−建築(新築)2014年版」その他対応する評価ソフトを使用するようにしてください(2016年版は平成25年省エネ基準には対応しておりません)。

・大阪府温暖化の防止等に関する条例の規則改正に伴い、届出様式が変更になりましたので、届出の際には新様式を使用してください。なお、当面は旧様式を使用していただいても差し支えありません

建築物の環境配慮制度マニュアル

 建築物の環境配慮制度マニュアル(平成29年3月改訂) [PDFファイル/1.24MB]
 届出の手続きについて、マニュアルを参考にしてください。

届出様式

 建築物環境計画書(様式第6号)  [Wordファイル/45KB] [PDFファイル/161KB]

 建築物環境計画変更届出書(様式第7号) [Wordファイル/38KB]  [PDFファイル/93KB]

 建築物工事取りやめ届出書(様式第8号) [Wordファイル/37KB]  PDFファイル/99KB]

 建築物工事完了届出書(様式第9号) [Wordファイル/37KB]  [PDFファイル/88KB]


 延べ面積2,000平方メートル以上の建築物の販売等を目的とした、「間取り図」及び「価格」が記載されたA4サイズを超える面積の広告を行う場合は、大阪府建築物環境性能表示ラベルを広告に表示しなければなりません。また、広告に表示した場合は、15日以内に届出の必要があります。

 詳しくは以下のページをご覧ください。

 大阪府建築物環境性能表示制度について(届出様式もこちら)

CASBEE評価システム

(1)平成28年省エネ基準に基づき算定した場合
 「CASBEE−建築(新築)2016年版」の評価ソフトを使用してください。なお、2016年版は平成25年省エネ基準には対応しておりませんのでご注意ください。

(2)平成25年省エネ基準に基づき算定した場合
 「CASBEE−建築(新築)2014年版」の評価ソフトを使用してください。

(3)上記(1)、(2)以外で届出を行う場合
 平成25年省エネ基準より前の基準(以降、旧省エネ基準)に基づき算定した場合は、「CASBEE新築(簡易版)2010年追補版(BPI/BEI対応)」「CASBEE新築(簡易版)2010年版」を使用してください。

種別CASBEE評価システムCASBEE評価マニュアル
上記(1)の場合CASBEE−建築(新築)2016年大阪府版 [Excelファイル/899KB]

CASBEE−建築(新築)評価マニュアル(2016年版) [PDFファイル/8.68MB]

上記(2)の場合CASBEE−建築(新築)2014年大阪府版 [Excelファイル/743KB]CASBEE−建築(新築)評価マニュアル(2014年版)[改訂] [PDFファイル/5.02MB]
上記(3)の場合
※住宅+非住宅の複合建築物で、住宅部分を旧省エネ基準に基づき算定した場合
旧PALと平成25年省エネ基準(一次エネルギー消費量)に基づき算定した場合 など
CASBEE新築(簡易版)2010年追補版(BPI/BEI対応)大阪府版 [Excelファイル/1.73MB]CASBEE新築(簡易版)2010年追補版マニュアル [PDFファイル/493KB]
※追加された部分のみのマニュアルです。下の評価マニュアル(2010年版)もあわせてご覧ください。
上記(3)の場合
※建物全体を旧省エネ基準に基づき算定した場合(経過措置期間の住宅や増・改築工事など)
CASBEE新築(簡易版)2010年大阪府版 [Excelファイル/1.74MB]CASBEE新築(簡易版)評価マニュアル(2010年版) [PDFファイル/3.23MB]

・CASBEE評価ソフト(全国版)の更新の詳細については、一般財団法人 建築環境・省エネルギー機構 (IBEC)のページ(外部サイトを別ウインドウで開きます)をご覧ください。

【CASBEE2014年版・2016年版評価ソフトの注意点】
・windows版のExcel2010、2013上で動作確認がなされています。ファイルのフォーマットはExcel2007以降の形式(.xlsx)に変更されましたので、保存する際はExcel97-2003形式(.xls)では保存しないでください(ファイルが壊れる可能性があります)。また、Mac版やExcel2003以前のバージョンでの動作を保証するものではありません。
・評価結果は、メインシート、係数シート、各採点シートなど、一連の評価が終わらないと正しい表示がなされません。特に、計画書シートに正しい評価が入力されないと、結果が出ませんのでご注意ください。

【CASBEE2010年版評価ソフトの注意点】
・windows版のExcel2010上で動作確認がなされています。Excel2007や2010上で使用する場合には、必ずExcel 97-2003形式(.xls)で保存するようにしてください(.xlsx形式で保存した場合、正常に動作しません)。また、Mac版やExcel2000以前のバージョンでは正常に動作しない場合があります。

大阪府の重点評価

 平成27年4月1日より再生可能エネルギー利用設備の導入検討を義務化したことに伴い、大阪府重点評価システムの入力及び結果表示の項目を一部追加しました。また、建築物環境性能表示のラベルを自動的に作成できるシートを追加したものもあわせて用意しましたのでご利用ください。
 使用するCASBEE評価ソフトのバージョンに合わせた重点評価ソフトを利用するようにしてください。

大阪府の重点評価大阪府の重点評価マニュアル

CASBEE−建築(新築)2016年版を利用の場合】

大阪府の重点評価2017年版(ラベルなし) [Excelファイル/709KB]

大阪府の重点評価2017年版(ラベルあり) [Excelファイル/919KB]

大阪府の重点評価マニュアル(平成29年3月改定) [PDFファイル/583KB]

【CASBEE−建築(新築)2014年版を利用の場合】

大阪府の重点評価2015年版(ラベルなし) [Excelファイル/709KB]

大阪府の重点評価2015年版(ラベルあり) [Excelファイル/919KB]

・「省エネ対策」の「効率的運用」が評価対象外であっても、スコアを入力しないと「省エネ対策」の評価結果が表示されないという不具合を改善しました。(平成27年11月26日更新)


【大阪府重点評価ソフトの注意点】
・windows版のExcel2010上で動作します。Excel2007や2010上で使用する場合には、必ずExcel 97-2003形式(.xls)で保存す るようにしてください(.xlsx形式で保存した場合、正常に動作しません)。また、Mac版やExcel2000以前のバージョンでは正常に動作しない場合があります。

エネルギー消費量の実績等の報告(大阪府の重点評価関係)

  大阪府の重点評価の項目において、「エネルギー消費量の実績を3年間報告する」として届け出た特定建築物については、エネルギー消費量の実績等の報告を行っていただく必要があります。

  建築物環境配慮指針に基づくエネルギー消費量の実績等に関する要領(平成28年4月1日改定) [PDFファイル/268KB]

  様式第1号_建築物エネルギー消費量の目標報告書 [Wordファイル/33KB]  [PDFファイル/120KB]

  様式第2号_建築物エネルギー消費量の目標変更報告書 [Wordファイル/33KB]  [PDFファイル/85KB]

  様式第3号_建築物エネルギー消費量の実績報告書 [Wordファイル/33KB]  [PDFファイル/70KB]

  報告の手続きや記載内容については、「大阪府の重点評価マニュアル」をご覧ください。

再生可能エネルギー利用設備の導入検討

 平成27年4月1日の届出から、下記の「再生可能エネルギー利用設備導入検討シート」の添付が必要となります。再生可能エネルギー利用設備を導入している、していないに関わらず、「太陽光検討シート」及び「太陽熱検討シート」両方とも必ず添付してください。

再生可能エネルギー利用設備導入検討シート再生可能エネルギー利用設備導入検討マニュアル
再生可能エネルギー利用設備導入検討シート [Excelファイル/95KB]再生可能エネルギー利用設備の導入検討の手引き(平成29年3月改訂) [PDFファイル/1.3MB]

このページの作成所属
住宅まちづくり部 建築指導室審査指導課 建築環境・設備グループ

ここまで本文です。