屋外広告物に関する申請と届出

更新日:平成30年10月9日

屋外広告物に関する申請と届出の窓口

屋外広告物を掲出するときの申請・届出の提出窓口は、次のとおりです。

屋外広告物許可申請窓口
区域窓口許可基準様式

吹田市、摂津市、島本町、守口市、門真市、千早赤阪村、熊取町

当該区域を管轄する土木事務所大阪府の条例に基づく大阪府の様式

池田市、箕面市、豊能町、能勢町、茨木市、大東市、四條畷市、交野市、
柏原市、富田林市、河内長野市、大阪狭山市、太子町、松原市、羽曳野市、
藤井寺市、河南町、泉大津市、高石市、忠岡町、和泉市、阪南市、泉佐野市、
田尻町、岬町、岸和田市、貝塚市、泉南市

大阪府から権限移譲を受けた各市町担当部署大阪府の条例に基づく市町の様式

大阪市、堺市、豊中市、高槻市、枚方市、東大阪市、八尾市、寝屋川市

各市担当部署各市の条例に基づく市の様式

窓口の詳細については、窓口一覧へ(別ウィンドウで開きます)

申請と届出の様式

このページの様式は、土木事務所への申請・届出に使えます。
それ以外の申請・届出については各市町にお尋ねください。

なお、 申請書は正副1部づつ作成し、2部とも提出してください。
審査終了後、許可書とともに副本をお返しします。
郵送で申請される場合には、副本返送用封筒(必要金額の切手を貼付したもの)を同封ください。

また、平成30年(2018年)10月1日以降、手数料の納付方法が大阪府証紙から納付書へ変更となりますので、納付書送付用封筒(82円切手を貼付したもの)を申請書とともに提出してください。

※ 「屋外広告物条例」及び「屋外広告物条例施行規則」の改正により、平成30年(2018年)10月1日の申請・届出から様式が変更になりました。

新しく屋外広告物を掲出する

○ 平成30年(2018年)10月1日から

屋外広告物許可申請書 [Wordファイル/64KB] [PDFファイル/136KB]

 許可を受けた屋外広告物の設置工事が完了した

○ 平成30年(2018年)10月1日から

屋外広告物しゅん工届出書 [Wordファイル/84KB] [PDFファイル/96KB]

許可を受けた屋外広告物に変更が生じた

○ 平成30年(2018年)10月1日から

屋外広告物変更許可申請書 [Wordファイル/125KB] [PDFファイル/117KB](数量が変わる、形状・材質が変わる、デザインが変わるなど)

屋外広告物変更届出書 [Wordファイル/34KB][PDFファイル] [PDFファイル/56KB](設置者等の商号名称・代表者氏名等が変わる)

許可を受けた屋外広告物を継続して許可を受ける

○ 平成30年(2018年)10月1日から (点検結果報告書は広告物の種類毎に様式が異なります。該当する様式を提出してください。)

屋外広告物許可申請書 [Wordファイル/64KB] [PDFファイル/136KB]

屋外広告物安全点検報告書(屋上広告物) [Wordファイル/24KB] [PDFファイル/122KB]

屋外広告物安全点検報告書(壁面広告板) [Wordファイル/24KB] [PDFファイル/105KB]

屋外広告物安全点検報告書(建植広告物) [Wordファイル/28KB] [PDFファイル/120KB]

屋外広告物安全点検報告書(突出広告板) [Wordファイル/24KB] [PDFファイル/109KB]

※ ただし、平成30年(2018年)9月30日までに許可を受けた広告物については、経過措置として平成32年(2020年)9月30日までは従来どおりの点検方法・様式・資格者でも良いこととしています。

○ 平成30年(2018年)9月30日まで(点検報告書のみ経過措置あり)

屋外広告物自主点検結果報告書  [Wordファイル/23KB]  [PDFファイル/49KB]

屋外広告物を撤去した

屋外広告物撤去届出書(土木事務所提出用) [Wordファイル/36KB]  [PDFファイル/56KB]

屋外広告物撤去届出書(権限移譲市町提出用) [Wordファイル/36KB] [PDFファイル/51KB] 

屋外広告物を掲出していた地域が新たに規制を受けることとなった

○ 平成30年(2018年)10月1日から

屋外広告物届出書 [Wordファイル/86KB] [PDFファイル/100KB]

公共的な屋外広告物を設置する

○ 平成30年(2018年)10月1日から

公共広告物設置届出書 [Wordファイル/39KB] [PDFファイル/81KB]

 

許可手数料の納付 

大阪府証紙の廃止に伴い、平成30年(2018年)10月1日から次のとおり屋外広告物許可手数料の納付方法が変更となります。

・ 平成30年(2018年)9月30日まで

  ⇒ 大阪府証紙

・ 平成30年(2018年)10月1日から

  ⇒ 納付書

なお、平成30年(2018年)10月1日時点で購入済みの大阪府証紙については、平成31年(2019年)3月31日まで使用可能となりますが、他の納付方法との併用は出来ません。

(例:屋外広告物許可手数料2千円のうち、1千円を大阪府証紙、1千円を納付書により納付する など)

ご使用の予定のない大阪府証紙については、還付申請により証紙購入代金を返還します。

(還付受付:平成36年(2024年)3月29日まで)

※ 還付申請にかかる詳細は、『大阪府証紙の還付(払い戻し)手続きについて』のページをご覧ください。

納付書による納付方法

申請書を受領後、申請窓口(土木事務所)から納付書を送付いたします。

お手元に納付書が届きましたら、速やかに指定金融機関より手数料を納付してください。

手数料納付後、『大阪府手数料納付済証(大阪府行政事務申請手続用)』(原本)を申請窓口(土木事務所)へ提出してください。

『大阪府手数料納付済証』を受領後、許可書を発行いたします。

※ 申請書受理後、納付書の発行まで時間を要するため、許可書の送付についてもお時間を頂戴する事となります。期間に余裕を持って申請ください。

加えて、『大阪府手数料納付済証(大阪府行政事務申請手続き用)』を提出頂けない場合、手数料の納付確認にかなりの時間を要するため、許可書の発行が大幅に遅れたり、許可ができなくなる場合があります。

 手数料納付後は、必ず『大阪府手数料納付済証(大阪府行政事務手続き用)』を申請窓口(土木事務所)へご提出ください。 

その他

 屋外広告業を営まれる方は登録が必要です。

詳しくは、「屋外広告業の登録」のページをご覧ください。

受付窓口 : 住宅まちづくり部 建築指導室 建築企画課 調整グループ

このページの作成所属
住宅まちづくり部 建築指導室建築企画課 調整グループ

ここまで本文です。