屋外広告物の規制

更新日:平成27年4月1日

屋外広告物の規制

 広告塔、広告板やネオンサインなどの屋外広告物()は、ある面では情報の受け手にとって有益であり、まちを活気づけるものです。しかし、無秩序に放置されれば、屋外広告物が氾濫し、まちの美観や自然の風致を損なうので、周囲の景観と調和した屋外広告物の掲出が要請されます。特に、最近では、地域の景観に調和したうるおいのある生活空間への関心も高まってきています。
 また、屋外広告物はその設置や管理が適正に行われないと、強風や地震などによって通行人等に危害を及ぼすこともあります。

 大阪府では、広告物による危害を防止し、周囲の景観と調和した広告物が掲出されるよう、屋外広告物法に基づき、条例を定めて、屋外広告物に関する規制を行っています。

 大阪府屋外広告物条例は、大阪市、堺市、豊中市、高槻市、枚方市及び東大阪市の区域を除く府域が対象です。これらの政令指定都市と中核市では、市条例を制定し、屋外広告物に関する規制を行っています。

 大阪府における屋外広告物規制の主な内容は、次のとおりです。

【関連ページ】

  1. 屋外広告物とは
  2. 禁止物件(屋外広告物を掲出してはいけない物件)
  3. 禁止区域(屋外広告物を掲出してはいけない場所)
  4. 許可区域(屋外広告物を掲出するのに許可が必要な場所)
  5. 表示方法の制限区域
  6. 表示方法の制限物件(電柱や停留所標識を利用する広告物)
  7. 規制を受けない広告物(適用除外)
  8. 屋外広告物を掲出するときの手続
  9. その他の注意事項
  10. 窓口一覧

このページの作成所属
住宅まちづくり部 建築指導室建築企画課 調整グループ

ここまで本文です。