大美野のまちなみ(堺市)

更新日:平成21年10月20日

大美野のまちなみ  

解説

大美野は昭和初期に、ヨーロッパの田園都市になぞらえて開発された町で総面積40万平方メートルに及ぶ大規模な住宅地である。ロータリーを中心として放射状に道路を配置するなど、斬新なまちづくりがなされている。昭和7年(1932年)には、日本建築家協会主催による「大美野田園住宅博覧会」が実施された。今では、建て替えが進んでいるが、当初の建物もかなり残っており、広大な敷地、低層住宅中心のゆったりした空間構成が、上質な住宅地の雰囲気を保っている

場所

堺市

交通機関

南海高野線「北野田」駅 徒歩10分

その他

大阪ミュージアム登録物「大美野のまちなみ」

Webサービス by Yahoo! JAPAN

このページの作成所属
住宅まちづくり部 建築指導室建築企画課 

ここまで本文です。