千里藤白台のまちなみ(吹田市)

更新日:平成21年9月16日

千里藤白台のまちなみ

解説

千里藤白台のまちなみは、北千里駅から東に真直ぐ延びる交通量の比較的少ない住宅内の幹線道路に面している。千里ニュータウンは昭和36年(1961年)に着工し、藤白台は昭和39年(1964年)に入居が開始され、既に40年余りが経過した。自然環境は人の力を借りながら長いサイクルで元の自然を取り戻しつつある。藤白台への道路は、『三色彩道』という愛称で親しまれ、街路樹が特に美しく、新緑の季節、紅葉の季節、落ち葉の季節、四季を感じさせる景観は、どれもすばらしく、良好な住環境を引き立てる。

場所

吹田市

交通機関

阪急千里線「北千里」駅 徒歩6分

その他

大阪ミュージアム登録物「三色街道」

このページの作成所属
住宅まちづくり部 建築指導室建築企画課 

ここまで本文です。