百楽荘のまちなみ(箕面市)

更新日:平成21年9月16日

百楽荘のまちなみ

解説

百楽荘は、桜井から15年ほど遅れた、大正14年(1925年)から開発された住宅地である。整然とした広い通りには、路肩を御影石で舗装し、通りの入口に石碑が建っている。両側の宅地では、自然石を積み上げた石垣に、ゆったりとセットバックして緑豊かな生垣が植えられており、広く明るい感じがする。この閑静で品格のあるすぐれたまちなみは、80余年を経た今日もよく保全されており、道行く人を和ませている。

場所

箕面市

交通機関

阪急箕面線「牧落」駅 徒歩7分

その他

 大阪ミュージアム登録物「百楽荘住宅」

このページの作成所属
住宅まちづくり部 建築指導室建築企画課 

ここまで本文です。