大阪府在宅難病患者一時入院事業

更新日:平成29年5月26日

大阪府在宅難病患者一時入院事業(平成23年7月1日より患者登録開始)

1.事業内容

    在宅で療養されている難病の方が、介護されている方の病気等の理由により、緊急的に介護が受けられなくなった場合、

    大阪府が指定している医療機関に一時的に入院することができる制度です。

2.対象となる方 

下記の1)から5)のすべてを満たしている方です。

          1)大阪府発行の特定医療費(指定難病)受給者証(※)又は特定疾患医療受給者証所持者のうち在宅療養者
     (※)難病の患者に対する医療等に関する法律(以下「法」という。)第7条第4項に規定する医療受給者証

          2)法第5条第1項に規定する指定難病(以下「指定難病」という。)又は特定疾患治療研究事業の対象疾患による人工呼吸器利用者又は気管切開実施者

          3)介護者の疾病・体調不良・事故等の事由により、緊急的に介護が必要となった者

          4)本事業の登録者

 (本事業による一時入院を希望される際に、受入施設との調整等が円滑に行える様、事前に大阪府に登録していただきます。)

3.入院期間

    原則7日以内です。介護者の状況により延長が必要な場合は、さらに7日以内で利用できます。

4.入院費用

       指定難病及び特定疾患の治療のための入院ではありませんので、法第7条第4項に規定する医療受給者証及び特定疾患医療受給者証は利用できません。

    指定難病及び特定疾患以外の入院と同様に、医療保険の自己負担分(食事療養費も含みます。)と保険適用外の費用をお支払いいただきます。

    (なお、「重度身体障がい者医療証」や「老人医療(一部負担金相当額等一部助成)医療証」を所持されている方は、利用していただけます。)

5.登録の申込・問い合わせ

    大阪府  健康医療部 保健医療室 地域保健課 疾病対策・援護グループ

6.様式

       在宅難病患者一時入院事業について [Wordファイル/75KB]
   在宅難病患者一時入院事業について [PDFファイル/211KB]   
   在宅難病患者一時入院事業登録申請書 [Excelファイル/46KB]
       在宅難病患者一時入院事業登録申請書 [PDFファイル/121KB]

このページの作成所属
健康医療部 保健医療室地域保健課 疾病対策・援護グループ

ここまで本文です。