生活習慣病予防

サブメニューを飛ばして本文へ

ここから本文です。

更新日:平成27年3月30日

非感染性疾患(NCD)対策について

 がん、循環器疾患、糖尿病、COPD(慢性閉塞性肺疾患)などは、喫煙、不健康な食事、運動不足、過度の飲酒など、共通する危険因子を取り除く事で予防が可能だと言われており、これらの問題に対する取組みを推進しています。

府民の皆様へ

 ○循環器疾患・発症予測ツール(外部サイトを別ウインドウで開きます)
   大阪がん循環器病予防センターが開発した、「特定健診」の結果を用いて循環器疾患(脳卒中や心筋梗塞など)に将来かかる確率を計算する予測ツールです。
   生活習慣を見直すきっかけのひとつとしてご活用ください。

行動変容推進事業

 医療費が高い・健診受診率が低い・ハイリスク者が多いといった現状を正しく認識し、その改善策について、計画・実行・評価というPDCAサイクルを回すことで被保険者・保険者・関係者などの問題意識を高め、予防の推進・受診率向上・医療費適正化へとつなげていく取り組みです。
 →詳しくは事業委託をしている大阪がん循環器病予防センターホームページ(外部サイトを別ウインドウで開きます)をご覧ください。

このページの作成所属
健康医療部 保健医療室健康づくり課 保健予防・歯科・栄養グループ

ここまで本文です。