「大阪グリーンライトアッププロジェクト2018」を開催しました!

更新日:平成31年1月8日

「大阪グリーンライトアッププロジェクト2018」の概要

 公益社団法人日本臓器移植ネットワークでは、毎年10月16日を「グリーンリボンデー」として定め、家族や大切な人と「移植」のこと、「いのち」のことを話し合い、お互いの臓器提供に関する意思を確認する機会として啓発に努めています。
 大阪府でも多くの関係者の方々のご協力を賜り、「大阪グリーンライトアッププロジェクト2018」と銘打ち、府内2箇所のランドマークを移植医療のシンボルカラーである
グリーンにライトアップし、患者さんに希望の光を届けました。

  主催:大阪グリーンライトアッププロジェクト2018実行委員会
  共催:日本臓器保存生物医学会、公益財団法人大阪腎臓バンク、大阪府
  協力:レッドホースエデュテインメント株式会社

大阪のランドマークをグリーンにライトアップ

 「移植医療の普及によって、より多くのいのちが救われますように…」という願いを込めて、日本万国博覧会記念公園「太陽の塔」・日本一高い123mの大観覧車「Redhorse OSAKA WHEEL」を、移植医療のシンボルカラーであるグリーンにライトアップしました。
   
  日時:平成30年10月16日 日没(午後6時頃)から午後11時30分まで
  会場:◇日本万国博覧会記念公園「太陽の塔」
            ◇EXPOCITY内「Redhorse OSAKA WHEEL」
           

  太陽の塔  OSAKA WHEEL  OSAKA WHEELポスター

           【太陽の塔】                                                        【Redhorse OSAKA WHEEL】                    

                            

このページの作成所属
健康医療部 保健医療室地域保健課 疾病対策・援護グループ

ここまで本文です。