指定医の申請手続について(難病法に基づく制度)

更新日:令和元年7月24日

難病指定医・協力難病指定医の申請手続きについて 

指定医には、下記の2種類があります。

 1 難病指定医     新規申請用臨床調査個人票及び更新申請用臨床調査個人票の作成が可能

 2 協力難病指定医  更新申請用臨床調査個人票のみ作成可能


 指定を受けるためには、主として指定難病の診断を行う医療機関所在地の都道府県知事(又は政令指定都市の市長)に申請を行う必要があります。

※大阪市・堺市が主たる勤務先医療機関である医師の申請は、各市長宛に行ってください。
 詳しくは大阪市・堺市に主たる勤務地のある医師の皆様へをご覧ください。

1 難病指定医の申請について

指定の要件

 以下の(1)及び(2)の要件を満たし、かつ(3)又は(4)の要件を満たすこと。 

(1) 診断又は治療に5年以上従事した経験を有すること。

(2) 臨床調査個人票(新規用及び更新用)を作成するのに必要な知識と技能を有すること。
 
    ※臨床調査個人票及び診断基準等は厚生労働省のホームページ(外部サイト)をご覧ください。

(3) 難病指定医の指定における厚生労働大臣が定める学会が認定する専門医の資格を有すること。
    
    対象となる専門医資格はこちら(20190501専門医リスト [Excelファイル/13KB] 20190501専門医リスト [PDFファイル/86KB]

(4) 大阪府知事が行う難病指定医研修を修了していること。

申請手続き

 下記(1)及び(2)並びに(3)又は(4)の書類を、大阪府へ提出してください。

(1)難病指定医指定申請書兼経歴書
  
  指定医 [Wordファイル/67KB] 指定医 [PDFファイル/132KB]

  ※記入例はこちらをご覧ください。
    専門医資格により申請する場合 指定医 [Wordファイル/69KB] 指定医 [PDFファイル/172KB]                                    
    研修資格により申請する場合  指定医 [Wordファイル/69KB] 指定医 [PDFファイル/163KB]

(2)医師免許証の写し

(3)専門医に認定されていることを証明する書類の写し(専門医資格により申請する場合)

(4)大阪府知事が定める難病指定医研修を修了したことを証明する書類の写し(研修資格により申請する場合)

有効期間と変更手続き

(1)有効期間は5年です。期間満了までに更新手続きが必要になります。

(2)研修資格により指定を受けた指定医は、更新毎に研修を受ける必要があります。

(3)申請内容に変更があるときは、変更手続きを行う必要があります。

2 協力難病指定医の申請について

指定の要件

 以下の(1)から(3)の要件を全て満たすこと。

(1) 診断又は治療に5年以上従事した経験を有すること。

(2)臨床調査個人票(更新用)の作成に必要な知識と技能を有すること。
   ※臨床調査個人票及び診断基準等は厚生労働省のホームページ(外部サイト)をご覧ください。

(3)下記のとおり、大阪府知事が定める協力難病指定医研修を修了していること。
 
   (3)-1 日医総研ワーキングペーパー [PDFファイル/2.1MB]をダウンロードしてお読みください。
   (3)-2 質問シート [PDFファイル/242KB]に回答し、自己採点をしてください。

申請手続き

 下記(1)から(3)の書類を、大阪府へ提出してください。

 (1)協力難病指定医指定申請書兼経歴書

   指定医 [Wordファイル/62KB] 指定医 [PDFファイル/116KB] 

    記入例(指定医 [Wordファイル/68KB] 指定医 [PDFファイル/176KB]

 (2)医師免許証の写し 

 (3)大阪府知事が定める協力難病指定医研修を行ったことを証明する書類(自己採点済みの質問シート)

有効期間と変更手続き

 (1)有効期間は5年です。期間満了までに更新研修を修了した上で更新手続きが必要となります。

 (2)申請内容に変更があったときは、変更手続きを行う必要があります
 

3 指定通知書の交付と公表

指定通知書の交付

 手続き完了後、大阪府から「指定通知書(エクセル版 [Excelファイル/14KB] PDF版 [PDFファイル/52KB]」を送付いたします。

ホームページ上での公表

 指定医の氏名、主たる勤務先、診療科を公開します。

 変更手続きについて

 次の事項に変更があった場合は、変更手続きが必要ですので、下記書類を大阪府へ提出してください。

(1)氏名

(2)医籍登録番号 (医師免許証の写しを添付)

(3)指定区分 (専門医証又は大阪府知事が定める研修を修了したことを証明する書類を添付)

(4)主として指定難病の診断を行う医療機関の名称、所在地及び担当する診療科名

  ※主たる勤務先が他都道府県又は政令指定都市に所在する医療機関となった場合、辞退届の提出が必要です。

  ※医療機関に関する変更は、ホームページでの公表内容変更のみとなり、指定通知書の再発行は行いません。


  指定変更届出書 指定医 [Excelファイル/16KB] 指定医 [PDFファイル/86KB]

   記入例(指定医 [Excelファイル/18KB] 指定医 [PDFファイル/142KB]

 更新申請について

 指定から5年ごとに更新の申請が必要となりますので、指定区分に従って、次の書類を大阪府へ提出してください。

 ・難病指定医    (1)及び(2)又は(3)

 ・協力難病指定医 (1)及び(4)


  (1)指定医指定更新申請書 指定医 [Excelファイル/22KB] 指定医 [PDFファイル/79KB]  
   
    ※記入例はこちらをご覧ください。 指定医 [Excelファイル/18KB] 指定医 [PDFファイル/91KB]   

  (2)専門医に認定されていることを証明する書類の写し(専門医資格により申請する場合)

  (3)難病指定医研修を修了したことを証明する書類

  (4)協力難病指定医研修を修了したことを証明する書類

6 辞退の手続き

 次の場合、辞退の手続きが必要となりますので下記様式を大阪府へ提出してください。

 ・難病指定医、協力難病指定医を辞退する場合

 ・他都道府県又は政令指定都市に所在する医療機関が主として指定難病の診断を行う医療機関となった場合
 
 
  指定医辞退届 エクセル版 [Excelファイル/13KB] 指定医 [PDFファイル/36KB]

7 再交付の手続き

 次の様式を大阪府に提出してください。

  指定医指定通知書再交付申請書 指定医 [Wordファイル/37KB] 指定医 [PDFファイル/80KB]

8 よくあるご質問(FAQ) 

 Word版 [Wordファイル/15KB] PDF版 [PDFファイル/84KB]

9 提出及びお問合せ先

 〒540-8570
  大阪府大阪市中央区大手前2丁目 大阪府健康医療部保健医療室地域保健課 難病認定グループ 指定医担当 
  電話 06-6941-0351(内線2518)

大阪市・堺市に主たる勤務地のある医師の皆様へ

平成30年4月1日以降の申請手続き及び連絡先

 平成30年4月1日から指定難病に関する事務が政令指定都市に移譲されました。
変更の届出や更新申請は、所在地の政令指定都市(大阪市・堺市)に対して行ってください。

 また、政令指定都市から大阪府へ異動される場合、大阪府で新規申請が必要です。

申請及びお問い合わせ先

 大阪市保健所 管理課 保健事業グループ 
  〒545−0051 大阪市阿倍野区旭町1丁目2番7−1000号(あべのメディックス10階)
  電話06−6647−0923
 

堺市保健所 保健医療課 指定難病係
  〒590−0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所本館6階
  電話072−228−7582

このページの作成所属
健康医療部 保健医療室地域保健課 難病認定グループ

ここまで本文です。