各種変更手続き(難病法に基づく制度)

更新日:平成29年7月19日

こんな時は申請・届出が必要です

 氏名や住所、健康保険証が変更になった場合、10日以内にお住まいを管轄する保健所(大阪市は区保健福祉センター、堺市・東大阪市は保健センター)に届出が必要です。
 この他、受給者証の記載内容に変更が生じた場合や新年度の市町村民税課税証明書により自己負担上限月額が減額(階層区分の変更)となるような場合も速やかに届け出てください。(階層区分の変更は申請日の属する月の翌月からとなります。)
 届出を受付した後、変更部分を修正した新しい受給者証が交付されます。
 ※平成29年4月1日から対象疾病が306疾病から330疾病に拡大されました。指定難病の追加に係る申請は、下記により行ってください。

申請・届出の受付場所

 変更の申請・届出は住所地を管轄する保健所(保健(福祉)センター)で行っています。
 大阪府内の保健所(保健(福祉)センター)はこちらをご覧ください。
 ※守口保健所は平成28年10月31日付けで移転しました。

氏名・住所・健康保険証・階層区分・支給認定基準世帯員の変更の届出

 受診者の氏名、受診者の住所、健康保険証、階層区分、支給認定基準世帯員(受診者と同じ健康保険証に加入する者)の変更がある場合は、変更のお届けが必要です。 

特定医療費(指定難病)支給認定申請内容変更届

 Excel版 [Excelファイル/39KB] PDF版 [PDFファイル/219KB]
(注)変更のお届けをする場合に記載いただく様式です。

 (保険者へ適用区分照会のため)同意書

 Word版 [Wordファイル/36KB] PDF版 [PDFファイル/164KB]
(注)加入医療保険に変更があった場合に記載いただく様式です。

添付書類

変更事項

添付書類

受診者氏名氏名変更確認書類(住民票、国民健康保険証、運転免許証、戸籍抄本等)
受診者住所住所変更確認書類(住民票、国民健康保険証、運転免許証等)
加入保険等健康保険証(写)、(保険者へ適用区分照会のため)同意書及び必要書類、生活保護受給世帯を証明する書類、中国残留邦人を証明する書類
※変更後の加入保険が国民健康保険組合は、患者と患者さんと同じ国保組合に加入している方全員の市町村民税課税証明書
※変更後の加入保険が被用者保険で被保険者が市町村民税非課税の場合は、当該被保険者の市町村民税課税証明書
階層区分階層区分確認書類(課税証明書、生活保護受給証明書、境界層該当証明書、障がい年金等の収入に係る証明書等)
支給認定基準世帯員支給認定基準世帯員確認書類(住民票、健康保険証(写)、課税に関する証明書等)

 疾病・人工呼吸器等の装着・重症追加(経過措置者)等の変更の申請

 指定難病の追加・変更、人工呼吸器・体外式補助人工心臓の装着、支給認定基準世帯員のうち、指定難病又は小児慢性特定疾病の受給者証の交付を受けている者の追加等、重症追加申請(経過措置者のみ)、指定医療機関の追加・削除等(※1)、高額難病治療継続者(※2)の該当の変更がある場合は、変更の申請が必要です。
 
※1 指定医療機関の追加・削除等につきましては、次回の更新申請の際に追加・削除等を申請いただくことで差し支えありません。(お持ちの医療受給者証に記載のない医療機関であっても、当該医療機関が指定医療機関であれば、医療受給者証はお使いいただけます。)
※2 高額難病治療継続者(高額かつ長期)とは、医療受給者証の公費負担者番号が54276019の方で、月ごとの認定を受けた指定難病に係る医療費総額(10割分)が5万円を超える月が年間6回以上ある方です。ただし、認定を受ける前に要した医療費は対象となりません。(高額かつ長期への変更は申請日の属する月の翌月からとなります。)
 高額難病治療継続者となった場合の自己負担上限月額は、こちらをご覧ください。⇒Word版 [Wordファイル/28KB] PDF版 [PDFファイル/133KB]

特定医療費(指定難病)支給認定変更申請書

 Excel版 [Excelファイル/31KB] PDF版 [PDFファイル/159KB]
(注)変更の申請の際に記載いただく様式です。

臨床調査個人票(新規)

 臨床調査個人票(新規)様式は厚生労働省のホームページ(外部サイト)をご覧ください。
 (注)
・指定難病の追加や変更があった場合に必要となる様式です。
・都道府県が指定する難病指定医が作成する必要があります。
・主治医が難病指定医であるかは医療機関にお尋ねいただくか、大阪府知事が指定した指定の場合は、大阪府のホームページの難病指定医及び協力難病指定医の一覧でご確認いただけます。

人工呼吸器等装着者添付書類

 Excel版 [Excelファイル/36KB] PDF版 [PDFファイル/253KB]
(注)
・人工呼吸器等装着者に変更する場合に必要となる様式です。
・都道府県が指定する指定医(難病指定医又は協力難病指定医)が作成する必要があります。
・主治医が指定医であるかは医療機関にお尋ねいただくか、大阪府知事が指定した指定の場合は、大阪府のホームページの難病指定医及び協力難病指定医の一覧でご確認いただけます。

診断書(重症患者認定用)

 Word版 [Wordファイル/100KB]    PDF版 [PDFファイル/307KB]
(注)
・重症患者認定に変更する場合に必要となる様式です。
経過措置者(医療受給者証の公費負担者番号が54275011の方)のみが制度の対象です。

指定難病に係る医療費総額証明書

 Word版 [Wordファイル/50KB]    PDF版 [PDFファイル/384KB]
(注)
・高額難病治療継続者(高額かつ長期)に該当する場合で、自己負担上限月額票の記載に不備や漏れがある場合に必要となる様式です。
・医療受給者証の公費負担者番号が54276019の方のみが制度の対象です。

添付書類

変更事項

添付書類

指定難病の追加変更臨床調査個人票(新規)[所定様式]
人工呼吸器・体外式補助人工心臓の装着人工呼吸器等装着者添付書類[所定様式]
支給認定基準世帯員のうち、指定難病又は小児慢性特定疾病の受給者証の交付を受けている者の追加等医療受給者証の写し(申請中の場合は、申請書の写し)又は確認書
重症追加申請(経過措置者のみ)重症診断書、身体障がい者手帳(写し)[1級/2級]、障がい年金証書 (写し)[1級]
高額難病治療継続者(高額かつ長期)の該当自己負担上限額管理票(写し)又は指定難病に係る医療費総額証明書

受給者証を紛失した場合

医療受給者証再交付申請書

 Excel版 [Excelファイル/25KB] PDF版 [PDFファイル/109KB]
(注)
 受給者証を紛失等し、再交付を受ける場合に記載いただく様式です。

その他

 申請・届出のためにご用意いただいた「住民票」や「市町村民税課税証明書」はコピーをお取りいただくことをお勧めします。
 手続き後に健康保険の変更などがあった場合は、一度提出したものであっても「住民票」や「市町村民税課税証明書」の添付が必要となることがあり、コピー対応が可能な場合もあります。そのような場合で、コピーを添付できない場合は原本の提出が必要となります。

このページの作成所属
健康医療部 保健医療室地域保健課 難病認定グループ

ここまで本文です。