大阪府医療費適正化計画

更新日:令和2年11月4日

背景

 高齢者人口の増加に伴い、医療費は将来的にますます増加すると想定されています。
 そのため、国は、医療費の適正化を進めるための仕組みとして、平成18年の医療制度改革において、医療費適正化計画に関する制度を創設しました。

 これにより、国及び都道府県は、「高齢者の医療の確保に関する法律」に基づき、「医療費適正化計画」を策定するものとされました。

 これを受け、大阪府では、平成20年8月に「第1期大阪府医療費適正化計画」(平成20年度から平成24年度)を、平成25年3月に「第2期大阪府医療費適正化計画」(平成25年度から平成29年度)を、平成30年3月に「第3期大阪府医療費適正化計画」(平成30(2018)年度から平成35(2023)年度)を策定しました。
 平成30年4月より、第3期計画に基づき、生活習慣病の発症・重症化予防の推進等により、府民の生活の質を確保・向上する形で医療の効率化を図り、医療費の適正化をめざし、取り組んでいます。
 なお、計画の策定・評価に当たっては、外部の専門家や関係者からなる「大阪府医療費適正化計画推進審議会」において、様々なご意見をいただくこととしています。

第3期大阪府医療費適正化計画

平成30(2018)年度から平成35(2023)年度を計画期間とする計画について掲載しています。

第2期大阪府医療費適正化計画

平成25年度から平成29年度を計画期間とする計画について掲載しています。

第1期大阪府医療費適正化計画

平成20年度から平成24年度を計画期間とする計画について掲載しています。

大阪府医療費適正化計画推進審議会

医療費適正化計画の策定・評価に関して調査・審議いただく審議会です。開催状況等を掲載しています。



医療費の動向

全国及び都道府県別の医療費の動向に関する、厚生労働省の調査結果(外部サイト)


後発医薬品の使用促進に向けた取組

医療費の伸びの適正化を図る方策の一つとして、大阪府においては、後発医薬品(ジェネリック医薬品の使用促進に向けた取組を進めています。

後発医薬品の使用促進(大阪府健康医療部薬務課ホームページ)

適正受診のお願い

府民の皆様へ

府民の皆様に生涯安心して医療を受けていただくため、大阪府では適正受診に関する啓発を行っています。

チラシ「適正受診のお願い」 [PDFファイル/1.74MB]

チラシ「適正受診のお願い」

このページの作成所属
健康医療部 健康推進室国民健康保険課 事業推進グループ

ここまで本文です。