危険なブロック塀等の安全確保事業

更新日:令和2年4月28日

 平成30年6月18日に発生した大阪府北部を震源とする地震(M6.1)では、ブロック塀の倒壊が発生し、あらためて基準を満たさないブロック塀の危険性が認識されたところです。

ブロック塀の安全性の確保は所有者の責任になります。所有しているブロック塀等について、定期的に点検表にて安全を確認し、危険性が確認された場合には、付近通行者への速やかな注意表示及び補修や除却等の対応が必要となります。

大阪府では、ブロック塀の所有者への啓発や注意喚起、支援、建築基準法に基づく指導等、総合的な安全対策を進めています。

<参考> 「安全なブロック塀に。」(ブロック塀の点検啓発チラシ)[PDFファイル/1.37MB]

<参考>「ブロック塀を点検しよう!」(大阪府住宅まちづくり部建築指導室審査指導課 確認検査グループ)

除却等の補助制度

府内では、危険なブロック塀等の除却等について補助制度を設けている市町村があります。補助制度の有無、要件等は市町村により異なります。まずは、市町村の担当窓口へご相談ください。

<参考>ブロック塀の補助制度 啓発リーフレット(外部サイト) 

<大阪府 関連ホームページ>

相談窓口:【お知らせ】ブロック塀に関する相談窓口の開設について

<国土交通省 ホームページ>

建築物の塀(ブロック塀や組積造の塀)の安全点検等について(外部サイトを別ウインドウで開きます)

広域緊急交通路沿道ブロック塀等耐震化事業

大阪府が指定している耐震診断義務付け路線に面している一定要件を満たすブロック塀等については、耐震診断・除却・新設等補助制度があります。詳しくは以下のページをご確認ください。

広域緊急交通路沿道ブロック塀等耐震化促進事業

このページの作成所属
住宅まちづくり部 建築防災課 耐震グループ

ここまで本文です。