カンボジアビジネスセミナーを開催しました

更新日:平成26年6月11日

カンボジアビジネスセミナーを開催しました

 カンボジアの経済政策、産業・金融・消費財等の諸環境、現地での最新状況のご紹介などを5名の講師陣にご講演いただき、パネルディスカッションでは、講師陣に加え現地に進出されている企業代表にも加わっていただき、参加者と質疑応答を交えた討論を行いました。109名の方々にご参加いただき盛況にセミナーを開催しました。

 日時

平成26年6月4日(水曜日)午後13時30分から16時30分(受付開始13時)

場所

マイドームおおさか 8階 第3会議室

内容

「カンボジアへの投資機会について」カンボジア王国政府 政策担当副大臣  Mey Kalyan 氏
カンボジアの歴史的背景はじめ、農業や観光業など産業の現況だけでなく、同政府の改革に対する戦略や投資奨励政策、アセアンの中心に位置する地理的優位性などを語っていただきました。
may

「カンボジアの最新経済レビュー、ビジネス環境等について」 Cimb 副頭取  Bun Yin 氏
カンボジアの経済成長指標、GDPの主要構成(サービス業の占める割合の大きさ)など、最新の経済レビューをご講演いただきました。また、通貨、為替、ローン等の金融状況だけでなく、観光インフラ等ビジネスの可能性がある分野についても語っていただきました。
bun

「カンボジア日系企業動向、投資環境とジェトロ企業支援」ジェトロ大阪本部 課長代理  小野澤 麻衣 氏
カンボジアのみならずメコン地域を中心とした周辺国との連携、生産分業事例、投資環境の他、海外進出や輸出の支援メニュー、及び平成268月にプノンペンで開催される機械展示会についても紹介していただきました。
onozawa

10年のカンボジアの変化」Cjs 社長  山崎 幸恵 氏
王立プノンペン大学に入学するため、カンボジア政府に手紙を書いたことや周囲からの勧めで通訳業に至った経緯などに加え、現地で情報誌を発行している実体験を語っていただきました。
yamazaki

「カンボジア進出(民間連携事業活用例)」 Japamax.Co.Ltd 代表取締役  今橋 隆之 氏
人口の7割が30歳以下という市場の優位性、カンボジアでの習慣などを学ぶ重要性について語っていただきました。また、公的団体が行っている支援策を活用した情報収集、進出が有効である例をご紹介いただきました。
imahashi

パネルディスカッション・質疑応答
ご講演いただいた講師陣に加え、現地でご活躍されている化粧品メーカー社長にもパネラーとして参加していただきました。
panerudhisukasshon  shitsunaifukei

 【お問い合わせ先】
大阪府 商工労働部 成長産業振興室 立地・成長支援課 国際経済交流促進G 
 Tel: 06-6210-9502  Fax: 06-6210-9481
 e-maill:  kokusaikeizai@gbox.pref.osaka.lg.jp

このページの作成所属
商工労働部 成長産業振興室国際ビジネス・企業誘致課 ビジネスグローバル化支援グループ

ここまで本文です。