建設工事/電子調達システムによる設計図書等の閲覧方法について

更新日:平成31年2月1日

建設工事、測量・コンサルタト等業務の
入札参加資格登録をされている皆様へ

    

大阪府電子調達システム(以下「システム」という。)により入札を行う案件の設計図書等は、原則として一定の要件を満たす入札参加希望者は、入札参加申請前でも閲覧が可能です。
ただし、発注する内容によっては、入札参加申請を行い、自動審査で参加資格「有」の通知を受けないと設計図書等の閲覧ができない案件があります。(この場合は入札公告等にその旨の記載をしますのでご確認下さい。)

(1)対象案件

大阪府がシステムにより入札を行う、建設工事及び測量・建設コンサルタント等業務

(2)設計図書等の閲覧方法

ICカードでシステムにアクセスし、入札参加申請を行う(調達案件一覧)画面に、大阪府への登録情報(※)が入札公告で示す一定の参加資格と合致する場合に、設計図書の「表示」ボタンが出て、設計図書等の閲覧が可能となります。

※建設工事においては、登録業種・受注希望工種・ランク(等級)が合致する場合
※測量・建設コンサルタント等業務においては、登録業種(測量、地質調査、建設コンサルタント(種別ごと)、等)が合致する場合

ただし、案件によりそのうちの一部のみを判定する場合があります。
なお、参加申請を行わない場合、又は参加申請を行ったが自動審査で参加資格「無」の通知を受けた場合は、入札公告に示された入札参加申請期間の終了後は閲覧することができなくなりますのでご注意ください。

(3)設計図書等に対する質問および回答について

設計図書等に対する質問の提出及び回答の閲覧については、これまでどおり、入札参加申請を行い、システムから参加資格「有」の通知を受けた入札参加者のみが行うことができます。

このページの作成所属
総務部 契約局建設工事課 

ここまで本文です。