建設工事/電子くじ

更新日:平成31年2月1日

電子くじの取扱いについて

電子入札において、最低金額の入札が複数あった場合、初めに当該入札者のみでくじ引きを行い、その後に入札参加資格確認(事後審査)を行うこととします。くじにより選ばれた第1番目の落札候補者から順次入札参加資格確認(事後審査)を行い、入札参加の「資格あり」と認めた者を落札者として決定します。

落札候補者の資格確認順位選定方法

電子くじにより選定した落札候補者(以下「第1候補者」という。)について、入札参加資格の有無及び工事請負にあっては工事費内訳書の確認、又は必要な調査(以下「資格確認」という。)を行い、有効であると認められた者を落札者として決定します。
ただし、第1候補者の入札参加資格が「資格なし」と認められた場合にあっては、第1候補者の入札書提出日時順位から数字が大きくなる方向に向って順位の近い者から新たな落札候補者(第2候補者)として順次資格確認を行います。
 以後、落札者が決定するまでこの作業を繰り返します。この場合において、該当する者がいなくなったとき又は当初から該当する者がいなかったときには、入札書提出日時順位の小さな数字の者から順次資格確認を行います。

図解による実施例

入札結果情報画面一部抜粋

電子くじ_図解_入札結果情報画面一部抜粋

くじ引き結果画面

くじ図解_くじ引き結果画面抜粋

電子くじシステムの詳細

電子入札システムに組み込まれた「電子くじシステム」は、次のような手順で落札候補者を選定します。

(1)同価格での入札が4者であった場合の計算

  1. 入札書提出時に任意の3ケタの入札番号を入札参加者に入力してもらいます。
  2. 電子くじシステムが乱数を発生させ、くじ入力番号に足します。
  3. その番号の下3ケタをくじ番号として各入札参加者に割り当て、入札書受信確認通知画面に表示します。
  4. 開札時に、最低価格での同価格の入札が複数あれば、入札書が到達した順(入札書提出日時順)に、
     「0,1,2,3」と番号を割りあてます。
  5. 次の数字で得られた余りの数字が落札候補者を選定します。
    【計算式】
      <3.3ケタのくじ番号>【(<1.くじ入力番号>+<2.乱数>)】の下3ケタの合計  ÷   同価格での入札参加者数の数 (4) 

      ※計算の結果、余りの数字が 「0,1,2,3」 のうちいずれかの数字が算出されます。
  6. 入札書の到達順の番号と5.の数式で求められた「余り」が一致した者が第1候補者となります。

(2)計算方法

 「S」(入札書提出日時順の番号) 入札書到着順に最低価格での入札時に割り当てます。

電子くじ算出_入札順

 「T」(くじ番号から計算された余りの数)

電子くじ算出_合計数余りの算出 

 S=3、T=3一致する入札参加者「△△設計(株)」第1候補者となります。

※1 くじ入力番号を申し合わせても乱数により、結果は予測できません。 また、開札までくじ番号も入札参加者数や入札金額も判りません。
※2 くじ入力番号は、入札参加者が自由に入力できるので、参加実感が得られるとともに恣意的でない公平なくじを行えます。

このページの作成所属
総務部 契約局建設工事課 

ここまで本文です。