【物品・委託役務関係】入札参加資格の各種手続案内

サブメニューを飛ばして本文へ

ここから本文です。

更新日:令和元年8月22日

【物品・委託役務関係】入札参加資格の各種手続案内 

 

≪令和元・2・3年度(平成31・32・33年度)分 名簿登録スケジュールについてのお知らせ≫

 
令和元年10月16日(水)から令和元年10月21日(月)までの電子申請・書類到着分は、
  不備等がなければ、令和元年10月28日(月)の名簿登録となります。
 

  <上記以外の名簿登録スケジュールについては■手順(3)へ>   

手続一覧

≪下記の必要な手続名をクリックしてください≫

入札参加資格の各手続き

登録のための審査申請登録済内容の変更申請電子入札用ICカードの登録

大阪府と契約時などの各手続き

受付票の取得銀行等の口座情報登録(委託役務)随意契約登録

≪令和元・2・3年度

(平成31・32・33年度)

入札参加資格について≫ 

有効期限:令和4年3月31日まで  

■手順( 1)へ

電子申請期限:令和4年3月15日(火)まで  

<名簿登録スケジュールについては■手順(3)へ>

 

●令和元・2・3年度(平成31・32・33年度)資格要件 [PDFファイル/16KB]/ [Wordファイル/19KB]

●令和元・2・3年度(平成31・32・33年度)受付概要 [PDFファイル/1.04MB]/ [Wordファイル/227KB]

●令和元・2・3年度(平成31・32・33年度)リーフレット [PDFファイル/887KB]/ [Excelファイル/254KB]

手続1 入札参加資格登録のための【審査申請】の手順

手順1:大阪府電子調達(電子申請)システムによる電子申請
 ↓
手順2:審査申請に必要な書類の送付
 ↓
手順3:資格の認定(名簿登録)

      毎週火曜日までの電子申請・書類到着で不備等なければ翌週月曜日登録
      (月曜日が閉庁日の場合は翌開庁日になります。) 
 
手順4:入札参加(入札参加時には電子入札用のICカードが必要です)
※詳細については、下記の各手順にてご案内しています。

 《審査申請にあたってのご注意》

注1)登録年度ごとに「電子申請」と「審査申請に必要な書類の送付」が必要です。

注2)本店所在地が大阪府域外の方はこちらをご一読ください  

◎お問合せいただく前に、FAQ(よくある質問)をご参照いただきますと、お問合せ内容が解決する場合があります。

◆ 電子申請に関するFAQは、こちら ⇒ FAQ(電子申請)

◆ 添付書類に関するFAQは、こちら ⇒ FAQ(添付書類)

手順(1) 大阪府電子調達(電子申請)システムによる電子申請

審査申請の入力内容の一覧申請(登録)種目の一覧

※初めて登録する方、過去の登録履歴がある方で、システムの入口が違います。

 電子申請の方法、操作などについてご不明なことがある場合は大阪府電子調達システムヘルプデスクまでお問合せください。
 連絡先:06-4400-5180 (時間:午前9時00分〜午後5時30分)

◎初めて登録する方の 電子調達(電子申請)システム入口
  ※新規申請時はID(業者番号)・パスワードは不要です。
  ※ID・パスワードは電子申請を送信後、パソコン画面上に表示されます。

  システム入口=新規申請(初めて登録する方)

◎登録履歴がある方(平成29・30年度以前に登録があった方)の 電子調達(電子申請)システム入口
  ※ID(業者番号)・パスワードまたは登録済ICカードを使って申請画面に入ります。
  ■ID・パスワードが不明の場合はこちらへ 

  システム入口=新規申請(登録履歴のある方)

手順(2) 審査申請に必要な書類の送付

※申請者は全員、書類を送付してください。

法人用の必要書類一覧個人事業者用の必要書類の一覧

《送付先》
〒540-8570 大阪市中央区大手前2丁目 大阪府庁内
総務部契約局総務委託物品課資格審査グループあて (直通電話)06−6944−6644

手順(3) 資格の認定(名簿登録)

注1) 電子調達(電子申請)システムで申請した「申請状況メールアドレス」に「受付結果のお知らせ(名簿登録予定日を記載)」がメールで届きます。
毎週火曜日までの電子申請・書類到着で不備等なければ翌週月曜日登録 (月曜日が閉庁日の場合は翌開庁日になります。)

資格者名簿

注2)  受付結果お知らせメールに記載、出力指示のある「受付票」は、電子調達(電子申請)システムから出力後、総務委託物品課資格審査グループへの送付は不要です。

注3) 受付結果は電子調達(電子申請)システムメニュー「状況確認」からも確認できます。状況確認

注4) 登録内容に変更が生じたら、手続2【変更申請】を忘れずに!

手順(4) 入札参加(電子入札参加時には、電子入札用のICカードが必要です。)

注) ICカードは民間会社からの購入が必要で、発行には時間を要します。
初めて入手される方は、入札参加資格登録の審査申請と並行して、購入・登録手続きを進めてください。 ■ICカードの登録手順へ

手続2 登録済の入札参加資格の【変更申請】の手順

≪審査申請にあたってのご注意≫

法人の合併、事業譲渡、個人事業の相続などの場合は申請前に下記までご連絡ください
《連絡先》 総務部契約局総務委託物品課資格審査グループ(直通電話06−6944−6644)

手順(1) 電子調達(電子申請)システムによる電子申請

資料=変更申請の入力内容の一覧 [Excelファイル/19KB]

 電子申請の方法、操作などについてご不明なことがある場合は大阪府電子調達システムヘルプデスクまでお問合せください。
 連絡先:06-4400-5180 (時間:午前9時00分〜午後5時30分)

注) どちらもID(業者番号)・パスワードまたは登録済ICカードを使って申請画面に入ります。 ■ID・パスワードが不明の場合はこちらへ

◎代表者や所在地、資格免許取得者数などの変更の 電子調達(電子申請)システム入口

 変更申請(業者基本情報の変更)

◎登録種目の追加や登録辞退の 電子調達システム入口

変更申請(種目の追加・登録辞退) 

手順(2) 変更申請に必要な書類の送付

注) 書類の送付が不要の場合があります。

資料=変更申請に必要な書類一覧

手順(3) 登録変更(名簿修正)

変更申請の受付は電子申請・書類到着時に随時行います。

手続3 電子入札参加時に必要な 【ICカード登録】の手順

手順(1) 電子入札用ICカード・カードリーダーの購入

注1) 民間の認証会社が販売しています。

注2) ICカード発行には時間を要します。初めて入手される方は、審査申請と並行して購入・登録手続きを進めてください。 

手順(2) 電子入札用ICカードの登録

注1) カードのPIN番号や使用者情報を、大阪府電子調達(電子申請)システムに登録します。

注2) 複数枚のカードがある場合は、各々に登録申請してください。

カード購入先・登録方法などの説明、電子調達(電子申請)システムの入口 =ICカード登録

手順(3)  登録完了(電子入札参加が可能)

注) 登録済のICカードは、入札参加資格の審査申請、変更申請など各種手続きのための大阪府電子調達(電子申請)システムへのログインにも使用できます。

大阪府との契約時などに必要な各手続き

手続4 大阪府との契約時に確認する【受付票の取得】

注1) 総務委託物品課 資格審査グループへの提出は不要です。
注2) 大阪府との契約時に必要な書類です。
入札参加して落札後、契約時に府担当者が提出を求めます。
その際、電子調達(電子申請)システムから印刷、代表者印(使用印)を押印のうえ印鑑登録証明書(原本)を裏に貼付のうえご提示ください(確認後、返却します)。

電子調達(電子申請)システム入口⇒ 受付票の取得

 ●受付票の見本はこちらへ [PDFファイル/73KB]


手続5 大阪府からの支払時に必要な(銀行等)の【口座情報登録】

大阪府から支払いを受ける銀行口座の情報を登録してください。
注) 物品登録者で「公開見積合せ」に参加のとき、登録が必須です。
電子調達(電子申請)システム入口⇒ 口座情報の登録

※ 大阪府の担当者からの依頼で登録する【随意契約登録】

※「随意契約登録」を有していても、入札案件には参加できません。
注1) 府担当者から依頼を受けた方のみ、委託役務の随意契約業者登録を行ってください。依頼のない方の受付は行いません。
注2) 登録依頼を受けた方は電子申請後、総務部契約局総務委託物品課資格審査グループまでご連絡ください(電話06−6944−6644)。
電子調達(電子申請)システム入口⇒ 随意契約登録

問合せ先

【電子申請(入札参加資格登録)・電子入札参加の方法、操作などについて】
 「大阪府電子調達システム ヘルプデスク」  
 連絡先:06−4400−5180
 時間:午前9時00分〜午後5時30分

【入札参加資格登録の制度等について】
総務部契約局 総務委託物品課 資格審査グループ
連絡先(直通):06−6944−6644
時間:午前9時00分〜午後5時30分

(関連情報)一般競争入札・物品公開見積合せへの参加など

■電子入札体験版(ICカードの登録や電子入札参加の手順シミュレーション)

■物品購入の発注情報(公開見積合せ含む)を見る
■委託役務業務の発注情報を見る

このページの作成所属
総務部 契約局総務委託物品課 資格審査グループ

ここまで本文です。