業務の概要

サブメニューを飛ばして本文へ

ここから本文です。

更新日:平成29年11月27日

業務実績の報告

業務の紹介  

業務の項目

業 務 内 容

登録業務等


計量法に基づく計量関係事業の登録・変更等を行っています。

 (各様式についてはこちらをご覧ください。

 ○ 特定計量器の製造・修理・販売事業の届出

 ○ 計量証明事業者(一般、環境)の登録

 ○ 適正計量管理事業所の指定 

 ○ 特定計量器の製造に係る指定(※)

 ○ 特殊容器の製造に係る指定

 ○ 輸出目的等の場合の基準適合義務の免除と取引禁止の解除

 ○ 計量士の登録(※)

 ※印は国への経由事務

指導業務


計量関係事業者の登録等、申請の際の指導並びに事後指導を行っています。
詳しくは、指導業務をクリックしてください。
 ○ 計量関係の問い合わせに対する回答
 ○ 事業者及び消費者に対する啓発
 ○ 計量検定所の見学者の受入
 

検  定
特定計量器の精度を公的に担保するため、検定を行っています。
詳しくは、検  定をクリックしてください。
 ○ タクシーメーター
 ○ 質量計
 ○ 燃料油メーター
 ○ 液化石油ガスメーター
 ○ アネロイド血圧計
 
基準器検査

 
特定計量器の器差検査の基準となるものの検査を行っています。
詳しくは、基準器検査をクリックしてください。
 

定期検査

取引・証明に使用されている特定計量器(非自動はかり、分銅及びおもり等)に対して2年を超えない範囲で定期検査を行っています。
詳しくは、定期検査をクリックしてください。

 ※大阪府は質量計の定期検査を、平成16年4月1日から一般社団法人大阪府計量協会を指定定期検査機関に指定しています。
 ○ 集合検査
 ○ 所在場所検査
計量証明検査
計量証明事業に使用されている特定計量器を、それぞれ一定の期間ごとに検査を行っています。
詳しくは、計量証明検査をクリックしてください。

※大阪府は質量計の計量証明検査を、平成16年4月1日から一般社団法人大阪府計量協会を指定計量証明検査機関に指定しています。
 ○ 一般計量証明検査(質量計、皮革面積計)
 ○ 環境計量証明検査(騒音計、振動レベル計、濃度計)
 
立入検査
適正な計量の実施を確保して消費者利益の保護を図るとともに、関係事業者の自主的な適正計量意識を啓発するため、計量関係事業者等に対して立入検査を実施するとともに、代検査を行っている計量士に対して指導を行っています。詳しくは、立入検査をクリックしてください。

 ○ 計量関係事業者
 ○ 特定計量器
 ○ 子メーター
 ○ 商品量目
 

このページの作成所属
商工労働部 計量検定所 指導課

ここまで本文です。