優良企業紹介<な行>

更新日:平成29年1月31日

優良企業紹介

こちらでは、優良企業の取り組みを紹介しています。障がい者雇用や実習等の参考にしてください。

<な行>

登録番号企業(団体)名所在地取り組み内容

0101

中尾食品工業株式会社

(食品製造販売業)

堺市西区

Q1:障がい者を雇用するきっかけや経緯、目的は何ですか?

  • CSR活動の一環として、近隣の支援学校より実習要請があれば積極的に受入を行い、その後採用という流れを作っています。

Q2:障がい者が従事しているお仕事は何ですか?

  • 検品・梱包・商品化作業等の単純作業や倉庫内の整理整頓・清掃業務等です。

Q3:障がい者雇用のために配慮していることは何ですか?

  • <施設、設備について>
  • 物の置き場が誰でもわかるように表示を行ったり、一人一人がスムーズに作業を行えるようなスペースを確保しています。
  • <人事、通勤、勤務時間等について>
  • 8時30分から17時10分までを就業時間とし、仕事以外のプライベートな時間も充実してもらうため、残業しないための工夫として計画生産・タスク管理を推進しています。
  • 定期的面談を行い、思いを聞く機会を設けています。
  • <その他>
  • 一人一人の特性に合わせた作業ができるよう、まずはあらやる作業を行っていただき、適性を見極め、可能なかぎり得意な作業に従事できるよう配慮します。

Q4:今後の取り組みや、計画などはありますか?

  • 可能なかぎり誰もができる作業にするべく簡素化・単純化・マニュアル化された作業が増えることでさらなる障がい者雇用が期待でき、社会貢献ができると考えております。
  • 今後も継続して近隣の支援学校より実習受入を行ってまいります。
  0027

特定非営利活動法人 なでしこ

(ホームページ作成サービス業)

大阪市

東住吉区

Q1:障がい者を雇用するきっかけや経緯、目的は何ですか?

  • 障害者総合支援法に基づく障害福祉サービス事業者として、精神障がい者の就労支援をその目的のひとつとしている以上、自ら、精神障がい者の雇用を積極的に推進し、精神障がい者雇用の拡大に向けた啓発活動の一旦を担う義務があるとの考えから、精神障がい者の雇用を推進しています。

Q2:障がい者が従事しているお仕事は何ですか?

  • 精神科ソーシャルワーカーとして精神障がい者の生活支援や職業指導を担当しています。

Q3:障がい者雇用のために配慮していることは何ですか?

  • 就業規則に規定している休憩時間(45分)は、休憩室(別階)で休むよう促しています。  

0063

株式会社 南海ハートフルサービス

(特例子会社)

大阪市

浪速区

Q1:障がい者を雇用するきっかけや経緯、目的は何ですか?

  • 株式会社南海ハートフルサービスは、法定雇用率を達成、障がいを持つ方々に能力を発揮して頂き共に発展する企業をめざす目的で、平成17年に設立した企業です。

Q2:障がい者が従事しているお仕事は何ですか?

  • 清掃業務、郵便物の仕分業務です。

Q3:障がい者雇用のために配慮していることは何ですか?

  • 支援体制として、年に1回から2回程度の家族連絡会議を開催し、少しでも長期に働けるよう支援機関及び家族等と、情報の共有をはかるようにしています。

Q4:今後の取り組みや、計画などはありますか?

  • 支援学校、支援機関等の実習を積極的に受け入れ、障がい者雇用の充実を図りたいです。

0055

株式会社 ニッセイ・ニュークリエーション

(特例子会社)

大阪市

西淀川区

Q1:障がい者を雇用するきっかけや経緯、目的は何ですか?

  • 障がいのある人を積極的に雇用するために、日本生命保険相互会社が設立した特例子会社です。

Q2:障がい者が従事しているお仕事は何ですか?

  • 事務代行業務(IT機器を活用した入力・書類作成発送・照会対応等)と印刷業務(各種帳票・パンフレット・冊子・封筒等の印刷製造)です。

Q3:障がい者雇用のために配慮していることは何ですか?

  • ハード面ではバリヤフリーな施設設備を、ソフト面では「お互いの障がいを理解し支えあう」文化風土を築き、障がい者中心に業務運営しています。

Q4:今後の取り組みや、計画などはありますか?

  • 引き続き、障がい者雇用の拡大を目指します。
  0017

日本ドリームサービス 株式会社

(クリーニング業)

大阪市

住之江区

Q1:障がい者を雇用するきっかけや経緯、目的は何ですか?

  • 昭和45年、地元にある病院より、患者の院外実習の依頼があり、受け入れたことがきっかけとなり、以降継続的な実習を受け入れ、昭和53年より養護学校の実習生を受け入れ雇用しています。

Q2:障がい者が従事しているお仕事は何ですか?

  • 洗濯物の仕分け・仕上げ、出荷などの作業です。

Q3:障がい者雇用のために配慮していることは何ですか?

  • 30年以上勤務している者は体力の衰えがあり、短時間勤務にして長期間働けるように勤務時間の変更をしています。また、支援機関、家族との連携を大切にしています。

Q4:今後の取り組みや、計画などはありますか?

  • 継続的な実習生の受け入れ、見学者の受け入れ、支援機関の研修に協力して雇用の拡大を行っていきます。

このページの作成所属
福祉部 障がい福祉室自立支援課 就労・IT支援グループ

ここまで本文です。