平成28年度「心の輪を広げる体験作文」・「障がい者週間のポスター」を募集します!(募集は終了しました)

更新日:平成28年11月29日

障がい福祉等の総合案内

障がい児者の方へ

事業者・施設の方へ

研修を受けたい方へ

企業の方へ

府民の方へ

お知らせ よくあるお問合せ 申請・届出等  制度・計画等  統計・刊行物 リンク

障がい者に対する府民の理解の促進を図るため、府民を対象に、障がいのある人とない人が、学校や社会の中で、相互に心のふれあう体験を通じて学んだことや感じたこと、あるいは社会に訴えたいこと等をつづった「心の輪を広げる体験作文」と、障がい理解を深める「障がい者週間のポスター」を次のとおり募集しますので、お知らせします。

<参考データ>
実施要領 [Wordファイル/87KB]

募集チラシ(表面) [Wordファイル/741KB]

募集チラシ(裏面) [Wordファイル/29KB]

1 心の輪を広げる体験作文
 (1)テーマ
    出会い、ふれあい、心の輪  障がいのある人とない人との心のふれあい体験を広げよう
    ※作文の題は自由
    ※未発表のもの1編に限る
 (2)応募資格
    小学生以上で、大阪府内に居住している方
    (大阪市、堺市に居住している方は、別途、各市より市民に対し公募)
 (3)募集の区分(3部門)
    ○小学生部門
    ○中学生部門
    ○高校生・一般部門
 (4)枚 数
    小中学生は400字詰原稿用紙2枚から4枚、高校生・一般は400字詰原稿用紙4枚から6枚  ※用紙は、原則として400字詰め原稿用紙(B4判縦書き)を使用すること

 (5)必要事項の記入方法  ※必ずご確認ください
    個人で応募される場合 [Wordファイル/31KB]
    学校・団体等でとりまとめて一括応募される場合 [Wordファイル/43KB]
<参考>
 400字詰原稿用紙 [Wordファイル/106KB]

 400字詰原稿用紙 [PDFファイル/37KB]
    

2 障がい者週間のポスター 
 (1)テーマ
    障がいの有無にかかわらず誰もが能力を発揮して安全に安心して生活できる社会の実現
    ※障がいのある人とない人の間の相互理解を促進するもの、高齢者や子育て中の人なども含め、
      皆が互いの違いを認め、支えあう社会について描くことも可。
    ※未発表のもの1編に限る
 (2)応募資格
    小学生及び中学生で、大阪府内に居住している方
    (大阪市、堺市に居住している方は、別途、各市より市民に対し公募)
 (3)募集の区分(2部門)
    ○小学生部門(標語は入れない)
    ○中学生部門(「障がい者週間」の標語は入れない)
 (4)規格、画材等
    ・画用紙B3判縦長又は四つ切サイズ縦長 ※絶対に折り曲げないこと
    ・彩色及び画材は自由
 (5)必要事項の記入方法  ※必ずご確認ください
   個人で応募される場合 [Wordファイル/31KB]
   学校・団体等でとりまとめて一括応募される場合 [Wordファイル/40KB]   

3 応募方法及び期間
    平成28年7月1日(金曜日)から平成28年9月6日(火曜日)
  
4の応募先へ直接持参されるか、郵送してください。
   ※土曜日・日曜日・祝日は、持参による受付は行っておりません。
   ※郵送の場合、9月6日消印まで有効

4 応募先(問合せ先)

   〒540−8570 大阪市中央区大手前3丁目2番12号
   大阪府 福祉部 障がい福祉室 障がい福祉企画課 企画グループ(別館1階)
     電話 :06−6941−0351(内線2481)  ファクシミリ:06−6942−7215
     メールアドレス:      shogaikikaku@sbox.pref.osaka.lg.jp(作文のみ電子メールで受付可)
  
  ※大阪市にお住まいの方は、大阪市福祉局障がい者施策部障がい福祉課
      (〒530−8201 大阪市北区中之島1−3−20 電話:06-6208-8072) へ、
    堺市にお住まいの方は、堺市健康福祉局障害福祉部障害施策推進課
      (〒590−0078 堺市堺区南瓦町3−1 電話:072-228-7818)へ
    応募してください。

5 選定及び表彰等
(1)大阪府の選定及び表彰
   応募作品を大阪府に設ける審査委員会で審査します。
   心の輪を広げる体験作文については、3部門ごとにそれぞれ最優秀賞1編、優秀賞2編以内及び
  佳作3編以内を選定する。障がい者週間のポスターについては、2部門ごとにそれぞれ最優秀賞1点、
  優秀賞2点以内及び佳作3点以内を選定する。
   入賞者に対し、賞状及び副賞を贈呈します。また、最優秀作品は、大阪府推薦作品として内閣府
  政策統括官(共生社会政策担当)へ送付します。
(2)内閣府の選定及び表彰
   各都道府県・指定都市から推薦された作品について、内閣府に設ける委員会で審査し、
  心の輪を広げる体験作文については、3部門ごとにそれぞれ最優秀賞1編、優秀賞3編及び
  佳作5編以内を選定します。
   また、障がい者週間のポスターについては、2部門ごとにそれぞれ最優秀賞1点、優秀賞1点及び
  佳作5点以内を選定します。最優秀賞受賞者及び優秀賞受賞者に対しては、それぞれ内閣総理大臣
  又は内閣府特命担当大臣からの賞状及び表彰楯が、佳作受賞者に対しては表彰楯が贈られます。
   ただし、より多くの者に機会を設ける趣旨から心の輪を広げる体験作文及び障がい者週間のポスター
  のいずれかを通じて、最優秀賞の受賞は一度限りとなります。

6 その他
  ・本事業は、大阪府と内閣府の共催事業です。応募についての詳細は別添の実施要領のとおりです。
  ・応募作品は原則として返却しません。
  ・最優秀賞及び優秀賞の作品(氏名等含む)は公表することを前提とし、啓発広報に使用することがあります。
  ・入賞作品の著作権は、内閣府及び大阪府に帰属するものとします。
  ・入賞作品の使用、編集の際に、作品の趣旨を損なわない範囲で、一部修正することがあります。

障がい者週間:12月3日(土曜日)から12月9日(金曜日)まで
            障がいの有無にかかわらず、相互に人格と個性を尊重し合いながら
            共生する社会の実現に向け、国民の間に地域社会での共生や差別の
            禁止などに関する理解を深めるとともに、障がい者が社会、経済、文化
            その他あらゆる分野の活動への参加を促進することを目的として、
            障害者基本法に定められています。

平成27年度の入選作品

平成26年度の入選作品

平成25年度の入選作品

このページの作成所属
福祉部 障がい福祉室障がい福祉企画課 制度推進グループ

ここまで本文です。