大阪ふれあいキャンペーン実行委員会 構成団体の実施するイベント情報

更新日:令和2年1月31日

 大阪ふれあいキャンペーン実行委員会 構成団体の実施するイベント情報を掲載しています。

令和2年2月開催イベント

箕面市主催 「みんなで考える 障害者福祉啓発講座」

 全3回ある講座の全体テーマは「新時代。障害者と共に安心して暮らせる社会のあり方を考えてみよう」。
 第1回は「障害者事業所の『工賃』を向上させるための取り組みを考えてみよう」の内容で、一般社団法人エル・チャレンジ福祉事業振興機構 プロジェクトリーダーの粟津 浩さんが講師。
 第2回は「障害者が安心して暮らせるための災害時の備えについて考えてみよう」の内容で、佛教大学 福祉教育開発センター 専任講師の後藤 至功さんが講師。
 第3回は「障害のある子どもの育ちに求められる地域のあり方を考えてみよう」の内容で、子育てサポートIdeCAT代表の大谷 和夫さんと、大阪府立豊中支援学校 PTA会長の畑中 歩さんのおふたりが講師。

ご案内ちらし:ちらし [PDFファイル/129KB]

日時:
 1回目:令和2年1月16日(木曜日) ※終了しました。
 2回目:令和2年2月 4日(火曜日) 午後2時30分から午後4時30分
 3回目:令和2年2月18日(火曜日) 午後2時30分から午後4時30分
会場:
 1回目:箕面市立障害者福祉センターささゆり園 プレイルーム
      (阪急電鉄「牧落」駅下車約900m)
 2回目、3回目:いろはホール 【箕面市立病院リハビリテーション棟4階】
          (阪急バス「箕面市立病院前」バス停下車約150m)
主催:箕面市
運営:一般財団法人箕面市障害者事業団
問合せ先:
 一般財団法人箕面市障害者事業団
 電話:072-723-1210  ファクシミリ:072-724-3383
特記事項:
 
手話通訳、要約筆記、点字資料、一時保育あります。(一時保育は対象年齢1歳6か月から就学前まで。
 保育定員1名。講座開催日の11日前までに申し込みください。先着順となります。)

イベント内容等、詳しくはホームページ(外部サイト)をご確認ください。

ちらし


※「障害」の「害」のひらがな表記の取り扱いについて
 大阪府では、「障害」の「害」の漢字をできるだけ用いないでひらがな表記としていますが、構成団体ごとにそれぞれ異なる表記方法を採用しているため、このページでは主催団体の採用する表記方法に基づいて記載しております。

大阪ふれあいキャンペーン Topページに戻る

このページの作成所属
福祉部 障がい福祉室障がい福祉企画課 権利擁護グループ

ここまで本文です。