平成21年度まち楽

更新日:平成24年9月20日

平成21年度

○平成22年3月  中央地域より   「太陽光発電のガーデンライト「燈幻郷」
○平成22年2月  泉南地域より        「洗えます!はんなん和紙の布商品」
○平成22年1月  泉北地域より   「泉北(堺)発!パパチャリのご紹介」
○平成21年12月 南河内地域より 「南河内発!地域にこだわる地ソースの紹介」
○平成21年11月 中河内地域より 「モノづくりの町「東大阪」をまるごと体験」
○平成21年10月 北河内地域より 「なにわ伝統野菜(守口大根)を使った商品」
○平成21年9月  北大阪地域より 「真の『地酒』誕生」
○平成21年8月  三島地域より   「たかつき寒天プロジェクトのご紹介」
○平成21年7月  豊能地域より   「桜川サイダーはいかがですか?」

 太陽光発電のガーデンライト「燈幻郷」

ガーデンライト                        蝋燭の炎のようにゆらぐ灯。
それは人の心を和ませる。
「燈幻郷(とうげんきょう)」は、メイドインジャパンの最新テクノロジーの結晶です。                  

LEDとデジタル技術により、風・木立のざわめきなどに反応してゆらめく”あかり”を実現し、幻想的な雰囲気を演出します。
本体は、高度なダイカスト技術を駆使し、味わい深い重厚感と高級感を醸し出しています。
環境面では、充放電能力に優れたニッケル水素電池を使用した太陽光発電システムを採用しています。 
ガーデンライト             

ガーデンライト                            こだわりの空間をアレンジし、見る人の感性に訴える新しいあかりの誕生です。


■おおさか地域創造ファンド中央地域支援事業平成19年度採択事業
■お問い合わせ 株式会社 ノミック
■電話  06−6356−4700
株式会社 ノミック(外部サイトを別ウインドウで開きます)

洗えます!はんなん和紙の布商品

 タオル                           大阪府の南西部に位置する泉南地域は、自然が豊かな地域であるとともに、繊維関連の地場産業が多く存在します。その中でも阪南市では、新しい物づくりとして、繊維メーカーが協業し、和紙の布を使った商品を開発し展開しています。
▲「桜布らり」シリーズの柔らかい和紙タオル

 和紙の布は、紫外線カット率や抗菌性に優れ軽量感があり、もちろん洗うこともできます。タオル3本セット             
▲浴用タオルのギフト用3本セットもご用意

洗顔パフ                            これまで、和紙タオル、和紙の布日傘、和紙の布帽子など、様々な商品を開発してきましたが、今回のおすすめは、和紙とオーガニック綿の交織で織り上げた生地による、ボディタオルと洗顔パフです。身体の皮脂がよく取れ、女性の方は化粧のノリが良くなったと口コミで広がっております。

▲オススメの洗顔パフ



■おおさか地域創造ファンド泉南地域支援事業平成20年度採択事業
■お問い合わせ 株式会社 和紙の布
■電話 072−473−3102
株式会社 和紙の布(外部サイトを別ウインドウで開きます)

泉北(堺)発!パパチャリのご紹介

パパチャリ
 ▲パパチャリ『Re:cue(利休)』                          

 大阪府堺市は、“自転車のまち”として有名で、全国の国産自転車・部品製造の約4割のシェアがあります。

 その中でも(株)サカモトテクノでは、「ママチャリ」ではなく、特に団塊世代の男性が、セカンドライフを楽しむアイテムとしてチョイスできる、言わば“チョイ悪オヤジ”が格好良く気軽に乗れる「パパチャリ」をコンセプトに『Re:cue(利休)』を開発し、販売しています。

 新開発リンク式ロータリーギアクランクや、リンク式フレームなど、スムーズに走れる工夫が満載で、NHKや毎日放送のテレビでも取り上げられており、話題の自転車です。 パパちゃり取材風景
 ▲NHKの取材風景            


■おおさか地域創造ファンド泉北地域支援事業平成19年度採択事業
■お問い合わせ 株式会社サカモトテクノ
■電話 072−458−8400(本部物流センター)
株式会社サカモトテクノのHP(外部サイトを別ウインドウで開きます)

 南河内発!地域にこだわる地ソースの紹介!

 南河内産100%の甘いイチジクです!                           大阪府羽曳野市のツヅミ食品株式会社では、湯煎釜を用いた新製法を取り入れ、糖度が高い南河内産100%の良質なイチジクやワイン、金剛山の湧水である行者湧水を使用し、地ソースの開発に取り組んでいます。
▲南河内産100%の
甘いいちじくを使用 

 フジテレビSmap×SmapのビストロSmapのコーナーでは、橋下知事より大阪の地ソースの1つとして「ツヅミいちじくソース」がプレゼントされるなど、注目度も上昇中。様々な地ソース             
▲今にも良い匂いが漂ってきそうな様々な地ソース

 3兄弟が支える家族経営の企業です                           濃厚ソースやウスターソースとは違った新しい地ソースを一度お試し下さい!

▲3兄弟が支える家族経営の
企業です



■おおさか地域創造ファンド南河内地域支援事業平成20年度採択事業
■お問い合わせ ツヅミ食品株式会社
■電話 072−955−8466
ツヅミ食品株式会社のHP(外部サイトを別ウインドウで開きます)

モノづくりの町「東大阪」をまるごと体験

修学旅行にやってきた小学生                            ホテルセイリュウでは、修学旅行でお越しいただく学生の皆様に、素晴らしい“おもいで”を作っていただくために「東阪教育旅行おもいでづくりサポートプロジェクト連絡協議会」を設置し、さまざまな取り組みをしております。
▲修学旅行にやってきた小学生

 当ホテルのある東大阪市は、古くは物部氏の本拠地であり、奈良時代には平城京と難波津を結ぶ街道が整備され多くの集落で栄え、一大消費地である大阪に隣接するがゆえに、江戸時代から木綿・製薬・製粉・鋳物・伸線といったさまざまな工業が盛んでした。


 そして、その技術力は人から人へ受け継がれ現在の東大阪を支える原動力になっています。多種多様な7,000を超える中小製造業が集積し、人工衛星の開発で知られるようにその技術力は高度であり、ものづくりの町として世界的にも脚光を浴びております。

体験風景
  ▲榛木金属工業で従業員の方の説明を熱心に聞く高校生           

体験風景2                            “モノづくり”の町、東大阪の町と人が知恵を出しサポートする“おもいでづくり”。体験学習を通じて学生の皆様に、人間味・汗・夢、その大切さが伝えることができ、よりご満足いただければ幸いです。

▲東大阪親善大使 
青木氏による講演


■おおさか地域創造ファンド中河内地域支援事業平成19年度採択事業
■お問い合わせ ホテルセイリュウ
■電話 072−981−5001
ホテルセイリュウのHP(外部サイトを別ウインドウで開きます)  

なにわ伝統野菜(守口大根)を使った商品

守口だいこんです
▲守口大根です                           

 守口のいわれは大阪城の守り口、或いは生駒山麓への入り口(森の入り口) など、諸説があります。


 守口大根は、守口宿にて小憩した豊臣秀吉に「香の物」として食され、大いに賞賛され「守口漬」と命名されたことから、守口大根と呼ばれるようになったと伝えられています。


 また、ちり鍋発祥の地といわれる大阪は、その由来に示されるように、いわゆるポン酢が大好きで、国内屈指の大消費地ともなっています。

 昭和32年守口に創業した株式会社大徳は、徳島県産のすだちや兵庫県産タデにこだわり、主として高級料亭向けなどにぽん酢原料やたで酢等を提供して参りました。 

 そして、オリジナル商品であるたで酢製造ノウハウと、「緑の復元・保持技術許諾特許」を駆使し、歴史にその名を残す守口大根に新しい視点から光を当て、材料の全てを余すことなく活用した全く新たな調味料として開発し、ポン酢が大好きな大阪で守口の新名産とさせるべく、さらに進化させた新たな開発にもチャレンジしています。   

             守口大根を活用した様々な商品
▲守口大根を活用した様々な商品          

オリジナル商品
 ▲オリジナル商品                        

守口大根を活用した商品
・もりぐちさんちのおろしぽんず(商標)
・守口で生まれた伝統調味料「たで酢」
・なにわの伝統野菜のポン酢

 たで酢の大徳が新しい視点から造るなにわの伝統野菜のポン酢です。


■おおさか地域創造ファンド北河内地域支援事業平成20年度採択事業
■お問い合わせ  株式会社 大徳
■電話 06−6994−5885
株式会社 大徳HP(外部サイトを別ウインドウで開きます)

真の「地酒」誕生

山野酒造外観

 七夕伝説発祥の地、星のまち交野市。


 古くから良質な酒米として知られている交野産米と、良質な湧水、今や数少ない地元の酒蔵である山野酒造が、米の生産者や販売組合と協力し合いながら、新しい地酒を開発します。

      地元の原料
      地元の酒蔵
      地元で販売

地酒・酒樽

   銘酒命名のポスター                           

 そして、名前も地元で公募しました。

 正真正銘、これぞ真の「地酒」。

 平成21年末、新酒誕生です。

▲銘酒命名のポスター 

 


■おおさか地域創造ファンド北大阪地域支援事業平成21年度採択事業
■ 問い合わせ 山野酒造株式会社
■ 電話 072−891−1046
山野酒造株式会社のHP(外部サイトを別ウインドウで開きます)

たかつき寒天プロジェクトのご紹介 

乾燥風景                           

 ノンカロリーで食物繊維を多く含むことから健康食品として注目され、一大ブームとなっている「寒天」。

 伏見で生まれ高槻の原・塚脇地区で育った「寒天」は100年ほど前までは海外にまで知られるほどの製品で、この地区は国内屈指の生産地で全盛期でした。しかしながら、今では市北部の田能に工場が残るだけになっています・・・

▲寒天の乾燥風景です

  

 そこで、高槻で育った寒天の再建をすべく、中小企業・大学・有識者・行政機関をメンバーとする「たかつき寒天プロジェクト」が結成され、「たかつき寒天」を健康食品素材としての新しい製造方法と利用法を開発することを通して、新たな商品を作りながら、高槻発の地域ブランド食品として育成中です。 

   高槻寒天の商品 

 

▲ おいしそうな寒天がズラリ           

かんてんおかき                                     

 現在は「かんてんおかき」を販売中です。ぜひ一度お試し下さい。

▲「かんてんおかき」販売中です      

 

 
■おおさか地域創造ファンド三島地域支援事業平成19年度採択事業
■問い合わせ 株式会社タニチ(代表企業)
■電話 072−672−1313
株式会社タニチのHP(外部サイトを別ウインドウで開きます)

「桜川サイダー」はいかがですか?

 

                     桜川サイダー

 南北に長い大阪府。
 その最北部の能勢町。
 その能勢町最北部に流れる「桜川」の名水を使用した「桜川サイダー」は数ある地サイダーの中でもこの夏オススメの逸品!

▲見た目も清涼感が自慢

 オススメポイント
 1.きめ細やかな泡!
 2.しっかりした甘み!
 3.でも後口スッキリ!
 4.そして何だか懐かしい

  涼しげなビンと可愛いラ
 ベルも人気を呼んでこの
 夏、ブレイクの予感す。  

  桜川サイダー24本入り
 ▲箱入りもあります(24本入り)   

      

工場風景

▲緑に囲まれた工場からお届け!                     

 「桜川サイダー」で渇いた喉をシュワシュワっと潤せば、きっと暑さも心地よさに変わること間違いなし!ぜひ一度ご賞味あれ!
大阪北摂地域の夏祭りにも、この夏多数出店されます。
乞うご期待!


■おおさか地域創造ファンド豊能地域支援事業平成19年度採択事業
■問い合わせ 能勢酒造株式会社
■電話 0120-35-8131
能勢酒造株式会社のHP(外部サイトを別ウインドウで開きます)


 

このページの作成所属
商工労働部 中小企業支援室経営支援課 経営支援グループ

ここまで本文です。