平成30年度砂利採取業務主任者試験実施要領

更新日:平成30年10月5日

1 試験の種類
  砂利採取法第15条第1項の規定による砂利採取業務主任者試験 

2 受験資格
  性別、年齢、学歴及び実務経験の有無などの制限はありません。

3 試験日時
  平成30年11月9日(金曜日) 午前10時から正午まで
  *遅刻は試験開始後30分まで認め、退室は試験開始から40分を経過した後から試験終了時間の10分前まで認めます。
    ただし、退室時には解答用紙を提出するものとし、再入室は認めません。また、試験問題及び注意事項は、受験者本人に限り
        持ち帰りを認めます。

4 試験会場
  大阪府咲洲庁舎41階共用会議室8(大阪市住之江区南港北一丁目14番16号)

5 試験科目
  
(1) 砂利の採取に関する法令
  (2) 砂利の採取に関する技術的な事項(基礎的な土木および河川工学に関する事項を含む。)

6 出題形式
  選択式筆記試験
  出題数は、法令問題10問及び技術問題15問です。法令問題は、10問全問必須問題です。
  技術問題は、7問の必須問題と8問のうちから3問を選択して解答する選択問題です。

7 願書の交付及び提出期間
     平成30年10月5日(金曜日)から平成30年10月26日(金曜日)まで
   (土曜日・日曜日・祝日を除く)の午前10 時から午後5時まで 

8 願書の入手方法
 
(1) 大阪府庁で受け取り
   上記交付期間中「11 願書の提出先及び問い合わせ先」に記載の場所で交付します。
  (2) 郵送による受け取り
    封筒の表に「砂利採取業務主任者試験願書請求」と朱書きし、返信用の定型封筒を同封の上、
   「11 願書の提出先及び問い合わせ先」へ送付してください。
    ※ 返信用の封筒には92円切手を貼り、返信先の郵便番号、住所、氏名を記入しておいてください。
  (3) ファクシミリによる受け取り
   大阪府 商工労働部 中小企業支援室 経営支援課 管理グループあてに、氏名、ファックス番号、
   連絡先の電話番号を電話でお知らせください。
  (4) ダウンロードによる受け取り
   受験手数料の支払い方法によって次の3種類があります。
    ・ 願書(手数料納付窓口用) [Wordファイル/44KB]/ 記入例(手数料納付窓口用) [Wordファイル/50KB]
    ・ 願書(カード・コンビニ払用) [Wordファイル/44KB]/ 記入例(カード・コンビニ払用) [Wordファイル/50KB]
    ・ 願書(大阪府証紙用) [Wordファイル/44KB]   / 記入例(大阪府証紙用) [Wordファイル/52KB]

9 願書の提出時の必要書類
 
(1) 願書 
   ※ 願書の様式は受験手数料の支払方法により異なります。
  (2) 写真票・受験票
    写真票には、正面上半身脱帽で願書提出前6ヶ月以内に撮影した写真を貼付してください。 
   サイズは、縦45ミリメートル×横35ミリメートルとします。
   写真の裏面に「撮影年月日」、「氏名」及び「年齢」を記載してください
  (3) 受験手数料8,000円の領収書
   ※ 受験手数料の納付確認のため必要ですので、願書を持参する際、ご提示ください。
     (大阪府証紙で支払う場合は、領収書は不要です。)

10 願書の提出方法及び受験料の支払方法について
    
願書の提出方法は2つあります。
    ・ 窓口へ持参する場合 [Wordファイル/29KB]
    ・ 郵送する場合 [Wordファイル/29KB]

11 願書の提出先及び問合せ先
    大阪府 商工労働部 中小企業支援室 経営支援課 管理グループ
    (大阪市住之江区南港北一丁目14番16号 大阪府咲洲庁舎25階)
   電話 06−6210−9488(直通)

12 試験結果の通知及び合格証の交付
   (1) 合否の結果は、平成30年12月上旬に受験者全員に郵送で通知します。
  (2) 合格者には、合格通知とともに合格証を郵送します。
  (3) 合格者の受験番号は、大阪府公報及び大阪府ホームページに掲載します。

13 注意事項
  (1) 収納した手数料は、いかなる場合でも返還できません。
  (2) 試験会場には受験票・筆記用具をご用意の上、午前9時20分から午前9時45分までの間に入室してください。
         (午前9時20分まで会場に入室できません)
  (3) 自動車での来場はご遠慮ください。

このページの作成所属
商工労働部 中小企業支援室経営支援課 管理グループ

ここまで本文です。