採石業務管理者試験、砂利採取業務主任者試験

更新日:平成30年11月30日

  • 採石業務管理者試験

採石業務管理者の資格を取得するには、採石業務管理者試験に合格しなければなりません。
試験は、岩石の採取に伴う災害の防止に関して必要な知識及び技能について、都道府県知事が毎年1回実施します。

   実施時期
例年10月の第2金曜日
   受験手数料
8,000円
   試験科目
(1) 岩石の採取に関する法令事項(環境保全関係法令事項を含む)
(2) 岩石の採取に関する技術的な事項(岩石の採掘、発破、破砕選別、汚濁水の処理、脱水ケーキ(脱水処理に伴って生ずる湿状の岩石粉)の処理、廃土及び廃石のたい積並びに採掘終了時の措置に関する技術的事項)
   試験方法
選択式筆記試験です。 

平成30年度の実施状況

砂利採取業務主任者試験

砂利採取業務主任者の資格を取得するには、砂利採取業務主任者試験に合格しなければなりません。
試験は、砂利の採取に伴う災害の防止に関して必要な知識及び技能について、都道府県知事が毎年1回実施します。

   実施時期
例年11月の第2金曜日
   受験手数料
8,000円
   試験科目
(1)砂利の採取に関する法令
(2)砂利の採取に関する技術的な事項(基礎的な土木及び河川工学に関する事項を含む。)
   試験方法
選択式筆記試験です。    

平成30年度の実施予定

このページの作成所属
商工労働部 中小企業支援室経営支援課 管理グループ

ここまで本文です。