なにわマーケティング大学2018 専門課程「売れるプライス戦略講座」のご案内

更新日:平成30年8月29日

なにわマーケティング大学2018 専門課程「売れるプライス戦略講座」(全3回)のご案内

 あなたは値付けの本当の意味を知っていますか?
値下げをすれば売上が上がると考えていませんか?今、元気な企業の経営者は、価格と利益の関係を理解し、自社製品の価値にぶれない値を付けています。厳しい時代を生き抜くために必須の、価格設定の考え方と価格戦略の基本をお伝えします。

 【日時】         

  平成30年8月29日(水曜日)
               9月  5日(水曜日)
               9月12日(水曜日)

 ※各回とも13時30分から17時30分
 ※各回受付は13時00分より開始

【会場】

マイドームおおさか 4階 セミナー室
(大阪市中央区本町橋2−5) 
 会場の地図はこちらをご覧ください→会場地図(外部サイト)

【定員】         

 30名 (先着順。定員になり次第締め切ります。)
  ※同一企業でのご参加は、原則1名とさせていただきます。
   複数名でご参加を希望される場合は、予約状況により調整させていただく場合があります。

【教材費】      

 一人9,000円
 ※初回開催日に一括でお支払いください。講師より領収書を発行いたします。
 ※資料の転用は不可です。                           

【カリキュラム】(予定)

8月29日 (水曜日) 
             ■孤島の弁当屋はなぜ儲かるか                                                            
             ■価格と利益の微妙な関係      
             ■値上げと値下げ、どちらが儲かる?                          

9月 5日 (水曜日) 
             ■消費者は価格をどう考えるか                                                                 
             ■「売れる価格」の作り方  
             ■ショートケース:テーマパークの価格政策

9月12日 (水曜日) 
             ■実際の価格戦略を考える                                                                
             ■ケース学習     
             ■価格競争ではなく付加価値の競争を

【対象】 

 下の(1)から(4)までのいずれかにあてはまる企業の経営者・経営幹部の方 
 (1) 大阪府経営革新計画承認企業 (相談中を含む)
 (2) BMB(ビジネスマッチングブログ)会員企業
 (3) 大阪ものづくり優良企業賞「匠」受賞企業
 (4) その他 (大阪府内の中小企業で(1)(2)(3)以外の製造業・サービス産業等の企業)
        

【講師】 

清水 憲彦 氏 (スプリングプランニング 代表)
清水講師  株式会社阪急百貨店にて海外商品開発、店舗開発、社員教育、採用、評価制度の構築と定着教育、財務企画等を担当。人材開発部長、ファッションMD計画部長を歴任後独立。JR東日本のエキナカ事業「エキュート」を成功に導くなど、社内外の人材育成に実績を持つ。2001年より公益社団法人日本マーケティング協会で「マーケティング財務」と「価格戦略」の授業を担当。理論と実践が融合した教育内容が高い評価を受けています。
         

【申込み方法】

 受付は終了しました!   

【主催】

 大阪府商工労働部中小企業支援室
 (経営支援課/商業・サービス産業課/ものづくり支援課)                      

【問合せ先】

  大阪府商工労働部中小企業支援室 経営支援課経営革新グループ
 Tel:06-6210-9494 FAX:06-6210-9504
 E-mail: keikaku-h17@gbox.pref.osaka.lg.jp 

   ※本大学は文部科学省が定めるものではありません。

このページの作成所属
商工労働部 中小企業支援室経営支援課 経営革新グループ

ここまで本文です。