なにわマーケティング大学2018 大学院「売れるブランディング講座」のご案内

更新日:平成30年10月4日

なにわマーケティング大学2018 大学院「売れるブランディング講座」(全2回)のご案内

 売れるブランドには理由がある
「自分はいったい何者で、誰に対して、何ができるのか」これがブランディングです。ブランドはひらめきではなく、組み立てるものです。アイデアがよくても売れるとは限りません。貴社のブランドと徹底的に向き合ってみませんか!  

※「売れるブランディング講座」は、これまでに(今年度を含む)教養課程もしくは専門課程の
 いずれか1講座以上を履修していることが条件となります。ご注意ください。

 【日時】         

  平成30年 11月 7日 (水曜日)
                 11月14日 (水曜日)
 
  ※各回とも10時30分から17時30分
  ※各回10時00分より受付開始 

【会場】

マイドームおおさか 4階 セミナー室
(大阪市中央区本町橋2−5) 
 会場の地図はこちらをご覧ください→会場地図(外部サイト)

【定員】         

 30名 (先着順。定員になり次第締め切ります。)
  ※同一企業でのご参加は、原則1名とさせていただきます。
   複数名でご参加を希望される場合は、予約状況により調整させていただく場合があります。

【教材費】      

 一人9,000円
 ※初回開催日に一括でお支払いください。講師より領収書を発行いたします。
 ※資料の転用は不可です。                           

【カリキュラム】(予定)

11月 7日   (水曜日) 
             ■ロケットブランド理論/ブランドを高く打ち上げるノウハウ                                                              
             ■ブランドのエンジンとなる最強のUSP
             ■ブランドの骨格、競争に勝ち抜くコンセプト                          

11月14日   (水曜日) 
             ■他人任せにしない、経営者自身が行うべきブランドデザイン                                                                
             ■勝ち続けるためのブランドマネジメント
             ■総まとめとしてのブランド計画書を作成する

【対象】 

下の(1)から(4)までのいずれかにあてはまる企業の経営者・経営幹部の方 

 (1) 大阪府経営革新計画承認企業 (相談中を含む)
 (2) BMB(ビジネスマッチングブログ)会員企業
 (3) 大阪ものづくり優良企業賞「匠」受賞企業
 (4) その他 (大阪府内の中小企業で(1)(2)(3)以外のサービス産業等の企業)

※「売れるブランディング講座」は、これまでに(今年度を含む)教養課程もしくは専門課程の
 いずれか1講座以上を履修していることが条件となります。ご注意ください。

【講師】 

横田 雅章 氏 (Deep Warer Marketing ブランディングプロデューサー)
横田先生  1970年生まれ。株式会社リクルートでは人材ビジネスを通して企業のブランド醸成を推進。その後、新商品・新規事業のマーケティング・ブランディング・デザインをワンストップで行うサービスを展開。
 特に中小企業においては「ブランディングこそ最大のレバレッジ」をメソッドに、競争に強い企業づくりを提唱しています。ブランディングで突き抜けたい方にオススメの講座です。
         

【申込み方法】 

 こちら のお申し込みフォーム よりお申し込みください。【先着順・定員に達し次第締め切ります。】
 ※個人情報取り扱いについて:本申し込みフォームに記載された個人情報につきましては、
      本行事の運営の他、大阪府からの各種セミナーのご案内やご提案などに利用させていただきます。      

【主催】

 大阪府商工労働部中小企業支援室
 (経営支援課/商業・サービス産業課/ものづくり支援課)                         

【問合せ先】

 大阪府商工労働部中小企業支援室 経営支援課経営革新グループ
 Tel:06-6210-9494 FAX:06-6210-9504
 E-mail: keikaku-h17@gbox.pref.osaka.lg.jp
       
  ※本大学は文部科学省が定めるものではありません。

このページの作成所属
商工労働部 中小企業支援室経営支援課 経営革新グループ

ここまで本文です。