6月11日事業者説明会における補足及び質疑を掲載しました。

更新日:平成25年6月14日

説明会での補足説明内容

配布物

児童虐待110番リーフレット表紙 [PDFファイル/399KB]  同 裏表紙 [PDFファイル/505KB] 同 中面 [画像ファイル/242KB]
大阪府子どもを虐待から守る条例リーフレット表紙 [PDFファイル/491KB]  同 裏表紙 [PDFファイル/578KB] 同 中面 [画像ファイル/900KB] 条例全文その1 [PDFファイル/73KB] 条例全文その2 [PDFファイル/71KB]

展示物

すこやん(ぬいぐるみ)

すこやんのぬいぐるみ

啓発物(布製オレンジリボンとカード)

  リボンとカード

補足説明事項

1.仕様書ローマ数字5(1)オープニングイベントの実施について、仕様書に記載のとおり、アトリウム広場でも南ゲート広場でも可能な内容としてください。なお、アトリウム広場で行う場合は、会場に2つあるモニターは、双方ともモニターとして使用する想定で、企画提案を行ってください。

2.仕様書ローマ数字5(1)オープニングイベントの実施について、アトリウム広場あるいは南ゲート広場の会場使用料については、大阪府と大阪ターミナルビル株式会社様とで協議しますが、提案時においては所要額を見込んでいただくようにお願いします。なお、提案時に見込むアトリウム広場の会場使用料については、大阪府家庭支援課までお問い合わせください。南ゲート広場については、下記サイトをご参照ください。

 大阪ステーションシティ 南ゲート広場 料金表(外部サイト)

.仕様書ローマ数字5(3)児童虐待防止広報企画について、現在はまだ計画段階ですが、JRや私鉄各社に、駅でのポスター掲示を大阪府からお願いすることを検討しております。また、推進月間中の例えば1週間など、期間を決めて、コンビニ等に掲示をお願いすることも検討しておりますので、媒体の検討にあたっては、重複等にご注意ください。

.仕様書ローマ数字5(3)児童虐待防止広報企画について、本委託事業とは直接は関連しませんが、昨年度、近畿府県政令指定都市の共同で実施した広報事業である、テレビCMの放映及び新聞広告の掲載については、今年度の実施予定はありません。ただし、昨年度制作したテレビCM等の映像については、今年度いっぱいは使用可能としており、仕様書7ページ、丸付数字2に記載のとおり、15秒のテレビCMや、30秒及び60秒の広報用ビデオ映像素材を収録した、DVDメディアの貸出は可能です。

5.仕様書ローマ数字5(4)企業との協働について、提案にあたっては、例えば、店舗でポスターを掲示してもらうという内容の企画提案を行う場合、大阪府でB2サイズ及びB3サイズのポスターをそれぞれ所持しており、在庫の範囲内であれば提供可能です。大阪府の在庫数を超える提案の場合は、提案事業者として確定した後に、別途協議させていただく可能性もありますが、基本的には、提案段階では企業協働にかかるポスター等の作成費用の計上は不要とします。

大阪府で所持するポスターのデザイン(B2サイズ、B3サイズとも同デザイン) [PDFファイル/230KB]


6.仕様書ローマ数字5(5)市町村広報支援について、本委託業務において作成を求める啓発グッズは、仕様書5ページ 丸付数字2 (1)に記載する、啓発グッズの部数のみとなります。これは、基本的には市町村広報を支援するために活用しますが、市町村の希望数により、余剰が生じた場合は、オープニングイベントで活用することも想定しています。この場合、グッズ配布場所までの配送業務については、本委託業務に含むものとします。
ただし、実際にグッズを配布する行為については、業務委託内容には含みません。

7.仕様書ローマ数字5(5)市町村広報支援について、市町村が行う啓発活動を充実される内容の提案にあたり、仕様書6ページ 丸付数字2に記載の、のぼり、ジャンパー等については、大阪府から市町村に貸し出すこととしているので、これ以外で、例えば、街頭啓発等で使用する看板的なものを企画いただいたり、市町村広報で使用可能な素材制作を企画いただくなど、市町村の広報の後押しができるようなものをご提案ください。

質疑応答

質問1.仕様書ローマ数字5(5) 市町村広報支援について、丸付数字1 業務概要の2で記載する、市町村が行う啓発活動を充実させる内容の企画提案にかかる経費については、提案事業者が直接市町村に希望等を調査する必要がありますか。

回答1.市町村の希望調査については、企画提案いただいた内容をもって、別途大阪府にて調査を実施します。提案にあたっては、例えば仕様書6ページに記載している昨年度の内容を参考に、必要部数を含めて企画していただいた上で、経費を計上してください。 

質問2.仕様書ローマ数字5(5) 市町村広報支援について、作成するグッズについて、昨年度の作成数量の実績はホームページ等で掲載されていますか。作成数量と、配送の経費をどの程度で見積もればよいかの目安を知りたいです。

回答2.昨年度の作成数量については、昨年度とは啓発グッズの作成種類等も異なるため、、ホームページ等では掲載していません。仕様書5ページで示した、制作グッズ数を目安としてください 

質問3.布製オレンジリボンの作成については、今回の委託業務の対象外ですが、例えば仕様書ローマ数字5(4)企業との協働において、オレンジリボンを活用する内容とするような場合には、当該オレンジリボンの作成にかかる経費を計上すべきでしょうか。

回答3.企業との協働においてオレンジリボンを使用する企画を提案される場合、、2000部程度までの数であれば大阪府で準備可能ですが、それ以上必要な場合は、必要部数の作成も踏まえて提案内容としてください。
なお、仕様書ローマ数字5(5)市町村広報支援において、市町村に配布する分の布製オレンジリボンについては、大阪府で必要数を準備しますので、提案において経費を計上する必要はありません。  

質問4.昨年度のキャンぺ−ン事業の内容や、作成・配布した啓発グッズの内容については、大阪府のホームページにおいて掲載されていますか。

回答4.24年度の事業概要については、大阪府のホームページで掲載しています。下記アドレスよりご参照ください。(仕様書8ページ、丸付数字5その他留意点でも記載しています。)ただし、啓発グッズについては、昨年度と作成種類等も異なるため、ホームページには掲載していません。参考までに、昨年度配布用に作成した啓発グッズは、マグネット、シール、それらをまとめて配布するためのビニール袋です。

平成24年度「児童虐待防止推進月間」オレンジリボンキャンペーンの概要

 

このページの作成所属
福祉部 子ども室家庭支援課 育成グループ

ここまで本文です。