ひとり親家庭の方への相談窓口

更新日:令和2年9月15日

ひとり親家庭の方への相談窓口

  母子家庭、父子家庭、寡婦の方のための制度などを、このサイトで紹介しますが、その詳しいことや、生活の安定、自立のための相談をしたい方は、次の窓口で受け付けておりますので気軽にご利用ください。  

 1 福祉事務所(母子・父子自立支援員)

 社会福祉関係の業務を行う機関として府および各市、町設置の福祉事務所があります。専門知識を有する母子父子自立支援員がひとり親家庭、寡婦の方々の福祉に関する相談や生活の安定、自立のための相談に応じています。

 (問い合わせ先)住所地の福祉事務所

  福祉事務所未設置町村(81村)においては、子ども家庭センター(府設置の福祉事務所)で相談に応じています。 

 2 ひとり親家庭相談(土日夜間電話相談) 072−923−4152

 ひとり親家庭のお子さんの養育に関する相談や健康管理の相談、その他生活全般のさまざまな相談に電話で応じています。

  相談受付時間    

     土曜日・日曜日・祝日 : 10時から17時 および 18時から23時

               平日  : 18時から23時      

  ※ただし、年末年始(12月29日から1月3日まで)は、お休みさせていただきます。


  ※本相談事業は大阪府が社会福祉法人八尾隣保館に委託して実施しているものです。
   (問い合わせ先)大阪府福祉部子ども室子育て支援課


  ※なお、平日および土曜日の10時から16時については、大阪府立母子・父子福祉センター(外部サイト)でも相談に応じています。

3 大阪府母子父子福祉推進委員

 地域の身近な相談者として、概ね各小学校の通学区域ごとに1名ずつ府知事が委嘱している母子父子福祉推進委員が相談に応じています。

  (問い合わせ先)住所地の福祉事務所または町村の担当課

 

 4 民生委員・児童委員

  生活上のことや子どものことなどの相談に応じています。

  (問い合わせ先)住所地の福祉事務所または町村役場の担当課

 

5 大阪府立母子・父子福祉センター(母子家庭等就業・自立支援センター)

 電話や来所による生活相談や就業相談のほか、法律上、専門的な知識を必要とする場合には、弁護士による「法律相談」を行っています。
 また、一時的に生活援助・保育サービス等が必要な世帯への家庭生活支援員派遣や家計管理・生活支援に関する講習会を実施しています。

  (問い合わせ先)大阪府立母子・父子福祉センター(外部サイト)

生活・法律相談

 府内(大阪市、堺市、豊中市を除く)にお住まいのひとり親家庭、寡婦の方を対象に、電話や面接で各種相談に応じています。ひとりで悩まずまずはお電話ください。
 (大阪市の方はこちら、堺市の方はこちら、豊中市の方はこちら

 ・生活相談                    :月曜日から土曜日   10時から16時(随時)

 ・法律相談          :原則、毎月第2土曜日および奇数月第4木曜日    13時から15時(要予約)

 ・面会交流・養育費相談  :月曜日から土曜日    10時から15時(要予約)

生活支援

 ・日常生活支援事業 【大阪市、堺市、高槻市、東大阪市、豊中市、枚方市、八尾市、寝屋川市、吹田市にお住まいの方は除きます】

   一時的に生活援助、保育サービス等が必要な世帯に家庭生活支援員を派遣します。利用にあたっては利用者登録が必要です。
  利用者の所得によっては、自己負担額が生じます。

 ・家計管理・生活支援講習会等事業 【大阪市、堺市、高槻市、東大阪市、豊中市、枚方市、八尾市、寝屋川市、吹田市にお住まいの方は除きます】

  家計管理や、子どものしつけなど生活支援に関する講習会を開催しています。

  

就業支援

 ・就業支援講習会 【大阪市、堺市、豊中市にお住まいの方は除きます】

   パソコン、介護職員初任者、登録販売者、医師事務作業補助、日商簿記3級、介護福祉士実務者研修など

就業相談・無料の職業紹介 【大阪市、堺市、豊中市にお住まいの方は除きます】

   専門相談員が、ひとり親家庭の親・寡婦に対する就業相談から職業紹介までの一貫した支援を行っています。

   相談(面談)日 :  月曜日から土曜日 10時から16時 (要予約)

6 ひとり親家庭の方への貸付相談(母子・父子・寡婦福祉資金)

 

 こちらをご覧ください。

相談窓口 母子・父子・寡婦福祉資金の貸付けと償還


このページの作成所属
福祉部 子ども室子育て支援課 推進グループ

ここまで本文です。