債務整理に必要な弁護士・司法書士の費用

更新日:平成21年8月5日

弁護士・司法書士の費用

<債務整理にあたり弁護士・司法書士へ支払う費用>(下記費用は目安です。事案によって若干変動します)

 1 任意整理:着手金は1社あたり2万円以下。(但し、借入先2社以内の場合は5万円以下)報酬金は減額した借金の10%以下。
 2 個人再生:着手金40万円以下。報酬金なし。
 3 自己破産:着手金30万円以下。報酬金なし。
  ○過払い金を取り戻した場合には、上記1から3の報酬金に、過払金の20%以下が報酬金として加算されます。
  ○予納金や郵便切手代などの実費が必要です。一定の資力要件を満たせば民事法律扶助が利用できます。
  ○着手金の分割払いに応じる弁護士・司法書士もいます。
弁護士・司法書士に依頼する費用等の立替え制度(民事法律扶助)

 次の資力基準に該当する方に対し、無料法律相談や裁判費用、弁護士又は司法書士に依頼する費用等を立替える制度です。
 法テラスや弁護士、司法書士に相談してください。

資力基準:手取り月収額( )内は、大阪市などの大都市部
単身者182,000 (200,200)円以下
2人家族251,000 (276,000)円以下
3人家族272,000 (299,200)円以下
4人家族299,000 (328,900)円以下

このページの作成所属
商工労働部 中小企業支援室金融課 貸金業対策グループ

ここまで本文です。