西大阪地区の津波対策に関する技術検討委員会

更新日:平成27年1月20日

西大阪地区の津波対策に関する技術検討委員会について

設立趣旨

 平成23年3月11日に発生した東日本大震災での大津波を受けて、従来の東南海・南海地震での津波シミュレーション結果とそれを上回る津波外力を想定し、既存の防潮施設の耐力を評価して損傷状況等の把握を行うとともに、これらの結果を踏まえてシミュレーションを実施し、津波伝播の挙動とそれに伴い発生する短期及び長期的な二次災害についても検証を行うことにより、津波発生時における西大阪地区の防潮施設群の統合管理及び操作体制等のあり方について検討を行うことを目的に本委員会を設置する。

西大阪地区の津波対策に関する技術検討委員会 設立趣旨 [Wordファイル/33KB]

委員名簿

西大阪地区の津波対策に関する技術検討委員会の委員名簿です。5名の学識経験者で構成されています。

西大阪地区の津波対策に関する技術検討委員会 委員名簿 [Wordファイル/35KB]

西大阪地区の津波対策に関する技術検討委員会 設置要綱

西大阪地区の津波対策に関する技術検討委員会の設置に関する要綱です。

西大阪地区の津波対策に関する技術検討委員会 設置要綱 [Wordファイル/35KB]

審議内容

 第1回 西大阪地区の津波対策に関する技術検討委員会

 第2回 西大阪地区の津波対策に関する技術検討委員会

このページの作成所属
都市整備部 河川室河川整備課 都市河川グループ

ここまで本文です。