寝屋川流域の水環境の改善

更新日:平成30年7月3日

◆寝屋川流域の水質

 寝屋川流域は、周りを高い土地で囲まれており、水の流れが悪いことから、昭和30年代からの都市化により、水質が大きく悪化しました。   

 そのため、下水道の整備や、淀川の水の導水などに取組み、平成16年には、国・府・流域市で構成する寝屋川流域協議会において、清流ルネッサンス2計画(目標年次H23年度)を策定し、取組みを進めてきました。その結果、水質は大きく改善されましたが、さらなる水環境の改善を図るため、H24年5月に、寝屋川流域水環境改善計画を策定しました。

 寝屋川流域の水質   流域図

    <寝屋川流域の水質Bod75%値(mg/l)の経年変化>                   <流域図>      

  

◆寝屋川流域水環境改善計画(平成24年5月策定)

  計画本体をご覧になりたい方はこちら→ 寝屋川流域水環境改善計画 [PDFファイル/2.99MB]

  【概要】

  計画期間: 平成33年度までの10年間

  計画対象区域:寝屋川流域内河川及び水路を対象とし、流域内の11市

 【目標とする水環境】

   ◆全体の目標像 :人とのつながりを育み、誰もが愛着を持てる川

   ◆水域別の目標像

     <区分(1)>上流域「水に入って生き物と触れ合える川」

     <区分(2)>中流域「暮らしの中に憩いやくつろぎを与える川」

     <区分(3)>下流域「街なかのオープンスペースとしてゆとりが感じられる川」

      水域区分図

            <水域区分図>    

 【目標水質(BOD)】

    ・区分(1)、(2):3.0mg/L以下(環境基準B類型相当)

    ・区分(3)  :5.0mg/L以下(環境基準C類型相当)

 【 府民と連携した水環境のモニタリング項目(目標のめやす)】

    ・透視度:70cm以上

    ・ごみの状況:ごみが少しあるが気にならない

    ・水のにおい:不快でない

 【施策展開にあたっての視点】

    ・流域全体の水はひとつ

    ・地域と川との関わりを深める

    ・地域の住民、NPO、企業、行政が連携

 【主な施策】

項目

 内容

水量の安定的な確保 ・農業用水の副次効果による流域全体の水質改善

 ・淀川からの浄化導水

水質汚濁の原因となる負荷の削減・発生源の対策 ・下水道の整備や接続の促進、合流式下水道の改善

 ・底質汚泥の浄化浚渫

 ・事業所排水対策の徹底

河道内のごみの削減 ・効果的なポイ捨て防止策や、効率的なごみの回収方法を検討実施
川に対する愛着を深める仕掛けづくり ・寝屋川上流域での生物の生息空間にも配慮した親水空間整備

 ・実感しやすい指標による府民と連携した水環境のモニタリング

 ・地域住民の憩いの場としての水路の整備

 ・水辺での活動への支援

企業の行動の促進 ・企業が持つ水質浄化や生物生息環境改善のノウハウの活用

 ◆寝屋川流域水環境改善計画の中間評価を実施!

   寝屋川流域水環境改善計画は計画期間を平成24年から平成33年の10年間としており、計画の策定から6年が経過したことから、今後引き続き本計画を効果的・効率的に推進するため、計画期間の中間年次にあたる平成28年度末時点における目標達成状況やこれまでの施策の実施状況を整理し、現状における課題と今後の取組みの方向性について中間評価として取りまとめたものです。

      「寝屋川流域水環境改善計画中間評価(平成30年4月)」をご覧になりたい方はこちら ⇒ 寝屋川流域水環境改善計画中間評価 [PDFファイル/3.13MB]

      【概要】

   ◆寝屋川流域水環境改善計画中間評価の概要はこちら ⇒ 寝屋川流域水環境改善計画中間評価の概要 [PDFファイル/476KB]

      【目標の達成状況】

   ◆水質

     目標達成率の推移       ○水質は改善傾向。     

       BODの目標達成状況         ○未だ目標を達成しない地点があり引き続き取組み

                                                                                                                                                               の推進が必要。   

    

   ◆府民と連携した水環境のモニタリング項目(流域住民へのアンケート調査結果)

      透視度 ○透視度⇒改善傾向

                                                                                                           澄んでいると感じる人の割合が上昇し、濁っていると感じる人の割合が低下

      流域住民へのアンケート調査結果(ごみの状況)○ごみの状況⇒改善傾向

                                                                                                           我慢できる程度と感じる人の割合が上昇し、ごみの量を不快に感じる人の割合が低下

        におい○におい⇒改善傾向

                                                                                                                においが気にならない人の割合が上昇し、不快なにおいを感じる人の割合が低下

このページの作成所属
都市整備部 河川室河川環境課 環境整備グループ

ここまで本文です。