「大阪ふれあいの水辺づくり」事業について

更新日:平成28年6月8日

地引網による生物調査(第8回)を実施しました。

○日時 平成28年5月28日(土曜日)

 1回目:10時から11時30分 2回目:12時30分から14時

○内容 地引網による生物の調査(専門家による解説有り)、川の環境に関する学習

○参加人数 332名

 

○主催 ふれあいの水辺利用推進委員会・大阪府・(地独)大阪府立環境農林水産総合研究所・おお川水辺クラブ・淀川管内河川レンジャー

○共催 大阪市

○協力 水生生物センターサポートスタッフ

 

第8回地引網で生物調査 開催結果 [PDFファイル/394KB]

第8回(平成28年5月28日実施)の様子

地引網の様子

生物解説の様子

 

○参 考    第1回(平成24年10月27日)の結果  [PDFファイル/84KB]

       第2回(平成25年  5月18日)の結果 [PDFファイル/311KB]

       第3回(平成25年10月  6日)の結果 [PDFファイル/70KB]  

       第4回(平成26年  5月17日)の結果 [PDFファイル/319KB]  

       第5回(平成26年11月  3日)の結果 [PDFファイル/418KB]

       第6回(平成27年  4月25日)の結果 [PDFファイル/521KB] 

       第7回(平成27年10月12日)の結果 [PDFファイル/755KB]           


「大阪ふれあいの水辺づくり」事業について

 水都大阪の新たな水辺の魅力づくりのため、一級河川大川(旧淀川)左岸の毛馬桜之宮公園貯木場跡の水辺を活用し、府民の方が水辺に親しみ、くつろげる空間づくりとして、「大阪ふれあいの水辺づくり事業」を進めています。

○事業の場所

 一級河川大川(旧淀川) 源八橋下流左岸 毛馬桜之宮公園貯木場跡(大阪市都島区中野町四丁目地内)

 JR桜ノ宮駅より徒歩5分。西出口から南へ向かい、源八橋交差点の交番脇の階段を下りて約100m。

 ※位置図は下記のとおり

 

○事業の概要

 下流部は、「ふれあいの水辺ゾーン」として、くつろいだり水遊びができる砂浜を整備しています。「ふれあいの水辺ゾーン」では、パドルボードやヨガといった水辺のアクティビティの体験会も開催されています。(アクティビティの詳細は「ふれあいの水辺利用推進委員会」のFacebookページをご覧ください。)
 また、上流部は、生き物の生息に配慮した「自然再生ゾーン」として、多様な生物の生育環境の保全創出に取り組むこととしています。

 ※ふれあいの水辺づくりの概要 [PDFファイル/607KB]

   ※Facebook まちなかでビーチ体験!(ふれあいの水辺利用推進委員会 )(外部サイト)

 

ふれあいの水辺の様子

○ふれあいの水辺で遊ぶときの約束

 ●子どもだけで遊びにいかない 大人の人といっしょに行きましょう

 ●泳がない 深いところは足がつきません

 ●雨が降っているときは遊ばない 大雨のふった次の日も注意しよう

 ●遊んだあとは、ちゃんと手を洗う 砂や水の汚れを落としましょう

   ★詳しくはこちらをご覧ください⇒パンフレット ふれあいの水辺で楽しく遊ぶために [PDFファイル/426KB]

 

○イベント等での利用について

  ふれあいの水辺をイベント等で利用されたい方は、こちらのページ(別ウインドウで開きます)をご覧ください。

○その他

・マーケティングリサーチ結果(平成22年4月実施)

 (府民1,500人対象、男女10から60代、大阪市在住500人、大阪市外在住1000人、Webアンケート)

   ・アンケート [PDFファイル/77KB]

   ・結果 概要 [PDFファイル/30KB]      

    詳細(単純集計 [PDFファイル/23KB]クロス集計 [PDFファイル/57KB]

・水質浄化業務の事業者の公募について(西大阪治水事務所ホームページ

・毛馬桜之宮公園貯木場跡の水辺づくりワークショップ(貯木場ワーク)(西大阪治水事務所ホームページ




   地引網チラシ [PDFファイル/407KB]  

このページの作成所属
都市整備部 河川室河川環境課 環境整備グループ

ここまで本文です。