大阪府河川構造物等審議会

更新日:令和2年3月3日

大阪府河川構造物等審議会について

審議内容

[令和元年度]
 「審議会」
  (令和2年2月28日開催)   第3回大阪府河川構造物等審議会の審議内容です。
  (令和元年12月23日開催)  第2回大阪府河川構造物等審議会の審議内容です。
  (令和元年10月31日開催)  第1回大阪府河川構造物等審議会の審議内容です。

[平成30年度]
 「津波対策検討部会」の答申に対する府の対応方針について 府の対応方針 [Wordファイル/87KB]

[平成29年度]
 「津波対策検討部会」
  (平成29年7月13日開催)  第1回津波対策検討部会の審議内容です。 

[平成28年度]
 「津波対策検討部会」
  (平成28年8月25日開催)  第1回津波対策検討部会の審議内容です。 
 「大深度地下使用検討部会」
  (平成29年3月30日開催)  第2回大深度地下使用検討部会の審議内容です。
  (平成28年8月10日開催)  第1回大深度地下使用検討部会の審議内容です。

[平成27年度]
 「大深度地下使用検討部会」
  (平成27年12月7日開催)  第2回大深度地下使用検討部会の審議内容です。
  (平成27年7月13日開催)  第1回大深度地下使用検討部会の審議内容です。

[平成26年度]
 「大深度地下使用検討部会」
  (平成27年2月24日開催)  第1回大深度地下使用検討部会の審議内容です。
 「津波対策検討部会」
  (平成27年1月26日開催)  第1回津波対策検討部会の審議内容です。
 「審議会」
  (平成26年7月3日開催)   第1回大阪府河川構造物等審議会の審議内容です。

[平成25年度]
 「審議会」
  (平成25年11月8日開催)  第1回大阪府河川構造物等審議会の審議内容です。

[平成24年度]
 「審議会」
  (平成25年3月15日開催)  第3回大阪府河川構造物等審議会の審議内容です。
  (平成25年2月12日開催)  第2回大阪府河川構造物等審議会の審議内容です。
  (平成24年11月21日開催)  第1回大阪府河川構造物等審議会の審議内容です。

設立趣旨

 大阪府では、自然災害や社会的環境等の変化に適切に対応できるよう、河川構造物の構造や設計、施工等に関する検討を行うことを目的に、専門的知識と先端的技術を有する学識経験者により構成される技術検討委員会(西大阪地区の津波対策に関する技術検討委員会 他3委員会)を設置し検討を行ってきました。
 
このたび、大阪府附属機関条例の改正に伴い、平成24年11月1日より4つの委員会を統合し、名称を大阪府河川構造物等審議会に改めました。

大阪府河川構造物等審議会 設立趣旨 [Wordファイル/32KB]
旧 「西大阪地区の津波対策に関する技術検討委員会」のページはこちら

設置根拠

大阪府附属機関条例

部会の設置状況

現在、以下の部会が設置されています。
津波対策検討部会」 「大深度地下使用検討部会

会議の公開・非公開

公開

委員名簿

大阪府河川構造物等審議会は、以下の4名の学識経験者で構成されています。(令和2年3月3日現在)

氏 名           職 名選 任 理 由
杉村 延広大阪府立大学
名誉教授
大阪府立大学において、機械生産工学の研究活動を行っており、大阪三大水門改築技術検討委員会委員を務めるなど、当該分野の専門知識を有しているほか、本審議会の設立当時から委員を歴任しており、これまでの審議経過を熟知していることから選任
高橋 智幸 関西大学社会安全学部
教授
関西大学社会安全学部教授として、海岸工学の研究活動を行っており、また、土木学会海岸工学委員会 津波作用に関する研究レビュー及び活用研究小委員会の委員長を務めるなど、当該分野の専門知識を有しているほか、本審議会の設立当時から委員を歴任しており、これまでの審議経過を熟知していることから選任
中北 英一京都大学防災研究所
教授
京都大学防災研究所教授として、気候変動が台風や洪水などの自然災害に与える影響の定量評価や、最大クラスの外力を考慮した最悪シナリオに対する気候変動の影響評価に係る研究を行っており、当該分野の専門知識を有することから選任
森 信人京都大学防災研究所
教授
京都大学防災研究所教授として、温暖化シナリオ下における沿岸災害の長期的予測に係る研究を行っており、当該分野の専門知識を有することから選任

(五十音順)   

このページの作成所属
都市整備部 河川室河川整備課 都市河川グループ

ここまで本文です。