河川室河川環境課(府民チェックボード)

サブメニューを飛ばして本文へ






ここから本文です。


府民チェックボード

府民チェックボードとは


 大阪府では、それぞれの職場でさまざまな課題や懸案に日頃から取り組んでいます。府民のみなさんにとって、府のこうした取組についてこれまでなかなか知る機会がなかったのではないでしょうか。
 府が課題や懸案にどのように取り組んでいるか、そのプロセスを府民のみなさんにご覧いただけるページをつくりました。

府民チェックボード


  • 【検討終了】河川砂防施設保全の重点実施方針の策定

  • 大阪府が管理する河川砂防施設の維持補修については、これまで施設の劣化状況を判断して補修や更新を実施してきましたが、平成22年6月に策定した「今後の治水対策の進め方」に基づき、地先の危険度に施設の劣化状況などを考慮し、事業の重点実施方針を定めます。

  • 【検討終了】新たな土砂災害対策への転換

  • 大阪府では「今後の土砂災害対策の進め方」検討委員会を平成23年11月に設置し、学識経験者により土砂災害対策に関する現状の課題や今後の対応策について議論をいただき、住民の避難行動意識向上を目指した警戒避難体制の整備や、自らの生命を守るための支援、対策施設整備のあり方など、今後の土砂災害対策に対する基本的施策についての提言を平成24年8月に受けました。

  • 【検討終了】「水都大阪」の推進

  •  「水都大阪」事業については、国、府、大阪市、経済界が連携して水辺の賑わい創出を推進するため、ライトアップ事業をはじめ、「大阪ふれあいの水辺づくり」や「中之島にぎわいの森づくり」などの水辺の基盤整備等を行うとともに、イベントや情報発信などのソフト対策を実施し、「水都大阪」のブランド力の向上と大阪の活性化に取り組んでいきます。

ここまで本文です。