大阪府地域防災総合演習

更新日:平成25年5月16日

平成25年度 淀川水防・大阪府地域防災総合演習の実施について

 地球温暖化に伴う気候変化により、大雨の増加、台風の激化等水災害の発生リスクが増大することが懸念されています。さらに将来、発生する恐れがある南海トラフの巨大地震やそれに伴う津波により多くの被害が危惧されている。このような状況を鑑み、水災害・津波からの被害軽減を目指し、水防技術の習熟と研鑽を図るとともに、住民・防災関係機関が連携する総合的な水防・防災演習を今年度も実施します。

  

  

1.訓練日時:平成25年5月25日(土曜日) 午前9時から正午まで

                            (展示コーナーは午後1時まで)

2.訓練場所:大阪府大阪市旭区太子橋1丁目地先

         淀川左岸河川敷(豊里大橋下流)

3.訓練内容:各種水防工法訓練、水防活動体験、河川巡視、ヘリによる情報収集、避難勧告、

         道路啓開訓練、水上救助訓練、瓦礫・流木からの救助訓練、救護訓練

4.主  催:近畿地方整備局、大阪府、大阪市

 

案内チラシ [PDFファイル/2.69MB]

このページの作成所属
都市整備部 事業管理室事業企画課 防災・維持グループ

ここまで本文です。