防災ボランティア

更新日:平成27年1月6日

〇防災ボランティア制度が変わります

 平成27年4月1日より、現在の防災ボランティア制度を改正します。

 防災ボランティア制度変更 [Excelファイル/20KB]

 平成27年3月31日時点で有効期間が終了する事業者だけでなく、まだ有効期間が残っている事業者の方についても、新たな制度による登録が必要となりますので、登録の届出期間中に必ず手続きを行って下さい。

 なお、現在のボランティア制度は、平成27年3月31日で廃止します。

 地震や風水害による大規模災害が発生した場合に、土木事務所等が管理する施設の被害状況を迅速に把握し、被害の拡大防止と迅速な復旧活動を行うため、自主的に緊急点検調査を行っていただく民間建設事業者等を募集しています。

 登録は、調査を行おうとする施設を管理する土木事務所等で受け付けています。

 このたび、大きく下記の3点について制度を改正します。

◇主な変更点(平成27年4月から)

・緊急点検調査を行っていただく場合を明確にします。

・登録時期に関わらず有効期限を統一します。

・次回更新時の登録条件を明確にします。

◇現在ボランティア登録されている事業者様へ

 平成27年4月1日以降も引き続きボランティアに協力いただける事業者の方は、平成27年2月2日から平成27年3月18日までの間に、必ず登録の手続きを行って下さい。

 なお、登録に必要な書類等は、平成27年1月中頃から土木事務所等のHPに掲載します。

◆平成27年3月31日で有効期間が終了する事業者

 忘れずに更新手続きを行って下さい。なお、現制度での更新要件を満たしていない事業者の方は、今後土木事務所等で行われる研修・訓練への参加、点検報告を必ず行って下さい。要件を満たさない場合、新制度への更新ができません。

 詳細は登録を行った土木事務所等へお問い合わせ下さい。

◆平成27年3月31日以降も有効期間が残っている事業者

 有効期間が残っている場合でも、お手数ですが再度登録を行って下さい。 

このページの作成所属
都市整備部 事業管理室事業企画課 防災・維持グループ

ここまで本文です。