新環境総合計画 「大阪21世紀の新環境総合計画」

更新日:平成28年3月29日

 新環境総合計画「大阪21世紀の新環境総合計画」は、府域における豊かな環境の保全及び創造に関する施策を総合的かつ計画的に推進するため、環境基本条例に基づいて策定するもので、平成22年5月に大阪府環境審議会から「環境基本条例に基づく環境総合計画について」の答申を受け、旧計画(平成14年3月策定)を見直し策定したものです。本計画で示す将来像や目標の達成に向け、府民の皆様とともに環境施策を推進しています。

新環境総合計画の特徴

 新環境総合計画は、府民の皆様の参加と行動のもと、「低炭素・省エネルギー社会の構築」、「資源循環型社会の構築」、「全てのいのちが共生する社会の構築」、「健康で安心して暮らせる社会の構築」の4つの分野で施策を推進し、「魅力と活力ある快適な地域づくり」を進めていくとしており、次の様な特徴を有しています。

環境総合計画の全体構成

地球規模の環境問題に積極的に対応

 「資源循環の推進」や「大気汚染・水質汚濁・化学物質への対応」に加え、「地球温暖化の防止」、「生物多様性の保全」を新たに施策の柱に設定し、対策を進めます。

あらゆる分野に環境の視点を組み込み

 経済やまちづくり等のあらゆる分野への環境の視点の組み込みを推進します。

環境分野における地域主権の早期確立

 市町村への権限移譲、広域連携の推進、関西広域連合での取組等を推進します。

柔軟な見直し

 急激な社会情勢の変化や、府民のご意見を踏まえた施策評価により、計画期間中であっても必要に応じて計画を見直します。

計画の内容

内容はこちらからご覧頂けます。(H27.6一部見直し)

 概要版 [Wordファイル/313KB]  概要版 [PDFファイル/307KB]

   本文 [Wordファイル/19.14MB]    本文 [PDFファイル/3.99MB]

 大阪府の環境保全目標

※旧計画はこちら(H23.3策定時点)

 本文 [Wordファイル/5.16MB]  本文 [PDFファイル/3.1MB]

計画の一部見直しの経過

 ・平成25年12月 平成26年度に実施する複数年サイクル点検評価(対象は平成23から25年度の施策・事業)の具体的な方法について、環境総合計画部会において検討。

 ・平成26年8月 複数年サイクル点検評価の評価レポート作成手順等について、環境総合計画部会において検討。

 ・平成26年11月 環境総合計画部会において複数年サイクル点検評価を実施

       同月 環境総合計画部会における点検・評価結果を環境審議会で報告

            計画の一部見直しについて部会から環境審議会に意見具申

     【計画の一部見直しについての意見具申の内容】

            計画の一部見直しについて検討する必要がある。

             ○計画の一部の目標、施策・事業の展開や工程について、国の施策等を踏まえ、また、より施策効果が高まるよう、見直しを検討すること。

             ○「低炭素・省エネルギー社会の構築」の分野において、新たな計画等との整合を図る。

 ・平成27年6月 計画の一部見直しを行い、環境審議会で報告

  見直しの概要 [Wordファイル/38KB] 見直しの概要 [PDFファイル/105KB]

計画の進行管理

急速な社会経済情勢の変化に柔軟に対応するとともに、施策の効率的・効果的な実施を図るために、毎年度のサイクルと複数年(3から4年)毎のサイクルによる進行管理を行うこととしています。

→こちらへ (別ウインドウで開きます)

策定までの経緯等

→こちらへ

参考

大阪府環境基本条例

旧環境総合計画「大阪21世紀の環境総合計画」(平成14年度から平成22年度まで)

   

このページの作成所属
環境農林水産部 環境農林水産総務課 企画グループ

ここまで本文です。