光化学スモッグの発令状況

サブメニューを飛ばして本文へ

ここから本文です。

更新日:平成28年9月12日

光化学スモッグは、自動車や工場の排出ガスに含まれる窒素酸化物や炭化水素などが太陽の紫外線により反応し、「光化学オキシダント」を生成して、大気が白くモヤがかかった状態になることです。光化学スモッグは、風が弱く、気温が高く、日差しが強い日に発生しやすい傾向があります。

 「光化学オキシダント」は高濃度になると人や植物に影響を及ぼす恐れがあるため、大阪府では、「予報」「注意報」などを発令し、注意を呼びかけています。

現在の発令状況、昨年度までの発令状況や光化学スモッグ発生状況のまとめは、光化学スモッグ発令状況のページ(外部サイト)をご覧ください。

※発令地域をご覧になりたい場合は、光化学スモッグの発令地域をご覧ください。

このページの作成所属
環境農林水産部 環境管理室環境保全課 環境監視グループ

ここまで本文です。