PRTR法について

更新日:平成28年3月24日

 PRTR法(特定化学物質の環境への排出量の把握等及び管理の改善の促進に関する法律)は、化学物質の大気中や河川など環境への排出量等を把握することなどにより、化学物質を取扱う事業者の自主的な管理の改善を促進し、化学物質による環境の保全上の支障が生ずることを未然に防止することを目的に制定された法律です。
 この法律は平成11年7月に公布され、平成13年4月から事業者による排出量等の把握、平成14年4月から、その届出が始まりました。この法律に基づき、一定の要件を満たす事業者(外部サイト)は法律で決められた物質について、都道府県等を通じて国へ年に1回、排出量、移動量を届け出ることになっています。

お知らせ

届出内容の変更について

平成27年度の届出(平成26年度実績)から、排出先の公共用水域の名称について、以下の河川については、合流後の河川名を記入することとなりました。(参考:PRTR届出の公共用水域の名称について(大阪府)(外部サイト))

  • 山川(淀川の支川)→「芥川」を記入
  • 糸田川、高川(神崎川の支川)→「神崎川」を記入  
  • 伊勢路川、妙見川(石津川の支川)→「石津川」を記入

届出様式・届出方法

 PRTR法の届出の受付期間は、毎年4月1日から6月30日までです。
 事業所の所在地により、届出先・届出方法が異なります。自治体別の届出先・届出方法はこちらのページをご覧ください。 

届出様式((独)製品評価技術基盤機構のホームページにリンクしています(外部サイト)
届出種別様式備考
届出書PDFファイル(外部サイト)  Wordファイル(外部サイト) 
変更届出書PDFファイル(外部サイト)  Wordファイル(外部サイト)

過去の届出内容に変更等が生じた場合
※変更後の届出書と併せて届出してください

取下げ願いPDFファイル(外部サイト)  Wordファイル(外部サイト)届出後に、届出要件未満であったことが判明した場合

※各届出書の左上のあて名については、以下を記入してください。
 ・「主務大臣」については事業所における主たる事業を所管している大臣(外部サイト) 
 ・「都道府県知事」については、届出書の提出先(大阪府知事(提出先が市町村の場合は市町村長))
  (例)大阪市内に所在する事業所→大阪市長

   届出方法は3通りの方法があります。
  ・インターネット等による電子届出 (推奨)
  ・書面による届出
  ・磁気ディスクによる届出

  各届出方法の詳細については、(独)製品評価技術基盤機構のホームページ(外部サイト)をご覧ください。

届出の手引き

届出の記載方法は、PRTR届出の手引き(外部サイト)に記載していますので、届出書の作成時にはぜひご活用ください。

集計結果

平成26年度の大阪府域における化学物質の排出量等について

参考:平成26年度PRTRデータの概要について(環境省報道発表資料)(外部サイト)

その他

大阪府化学物質管理制度
化学物質を取り扱う事業者の方は、PRTR法に基づき排出量等の届出をいただいていますが、平成21年度から大阪府では、府条例に基づく大阪府化学物質管理制度の届出を開始しています。

関連リンク

問い合わせ先

 大阪府 環境農林水産部 環境管理室 環境保全課 化学物質対策グループ(化学物質管理制度担当)
 〒559-8555 大阪市住之江区南港北1丁目14番16号 大阪府咲洲庁舎21階
 Tel 06-6210-9578
 FAX 06-6210-9575
 E-mail 
kankyokanri-g09@sbox.pref.osaka.lg.jp

このページの作成所属
環境農林水産部 環境管理室環境保全課 化学物質対策グループ

ここまで本文です。