水かんきょうシンポジウムin泉州の開催について

更新日:平成22年5月21日

水かんきょうシンポジウムin泉州を開催しました!

生活排水対策推進月間の取組みの一環として、身近な川を守るために私たちができることを考え、地域での水環境保全のきっかけづくりとするため、平成20年2月24日(日曜日)に、泉大津市民会館 小ホールにおいて、「水かんきょうシンポジウムin泉州」を環境省近畿地方環境事務所と共同で開催しました。

画像です。シンポジウムの様子
画像です。シンポジウムの様子画像です。シンポジウムの様子
 シンポジウム会場の様子 シンポジウム会場では生活排水についての情報提供、生活排水対策の取り組みを呼びかけるパネル展示等を行いました。

<第一部> 現状報告と講演
現状報告の風景 講演の風景
 大阪府環境保全課から泉州地域の河川の環境の現状報告、生活排水対策推進月間のPR及び生活排水対策の取り組みの呼びかけを行いました。  「地球の健康、自ら(水から)の健康」と題して、近畿地方環境事務所環境対策課 温暖化対策普及促進専門官 中尾 卓嗣氏に講演をしていただきました。

<第二部> パネルディスカッション
 <コーディネーター> 田中 正視 氏 (大阪府立泉南高等学校指導教諭・男里川の干潟を守る会)
 <パネリスト>
   梶原 柳七郎 氏 (大津川に花と緑の会)
   福島 征二 氏 (樫井川を清流にする会)
   二俣 則夫 氏 (NPO法人グリーンパーク熊取)
   上田 豪 氏 (ねや川水辺クラブ)
 <コメンテーター> 中尾 卓嗣 氏
パネルディスカッションの風景 休憩中のパネル展示の風景
 「身近な川を守るために私たちにできること。市民活動の先進活動から学ぶ」をテーマに、市民団体の活動報告、会場との意見交換等が行われました。 パネルディスカッションに参加いただいた市民団体等の活動紹介パネルを展示し、参加者にご覧いただきました。

このページの作成所属
環境農林水産部 環境管理室事業所指導課 水質指導グループ

ここまで本文です。