電子申請・電子縦覧

更新日:平成22年7月21日

 環境アセスメントに関する書類の提出や縦覧といった手続については、インターネットを利用して行うことができます。(大阪府環境影響評価条例に基づく手続については、大阪府行政手続等における情報通信の技術の利用に関する条例の適用により、平成17年12月26日から電子申請・電子縦覧が可能となりました。)

電子申請

 電子申請とは、大阪府への書類の提出等の手続を、インターネットを利用して行うことができるものです。
 環境アセスメントの手続を実施しようとする事業者のみなさまには、事前にユーザ登録をしていただくことによって、書面による書類の提出等に代えて、インターネットの利用により書類の提出等の手続を行っていただくことができます。(ただし、一部の手続については、書面による書類の提出も必要となります。)
 また、方法書及び準備書について環境の保全の見地からの意見を述べようとするみなさまには、インターネットの利用により意見書等の提出の手続を行っていただくことができます。電子申請を利用すると、意見書等を持参したり郵送したりする必要がありません!

  • 環境アセスメントの手続を実施しようとする事業者のみなさまは、こちらをご確認ください。
  • 方法書及び準備書について環境の保全の見地からの意見を述べようとするみなさまは、こちらをご確認ください。

電子縦覧

 電子縦覧とは、図書等の縦覧の手続を、インターネットを利用して行うものです。
 大阪府では、書面による縦覧に加えて、事業者の同意のもとに、図書等のホームページ掲載による電子縦覧を行っています。

利用上の注意

  • 図書等の縦覧については、書面による縦覧に加えて、電子縦覧を併せて行うことを基本とします。
  • 著作権などの関係上、事業者から電子縦覧について同意が得られない場合には、その旨のみを掲載することになります。この場合は電子縦覧を行うことができませんのでご了承ください。
  • また、電子縦覧の対象となる図書等に地図、写真、図形など他人の著作物が含まれる場合には、その部分を掲載しない場合があります。
  • 電子縦覧の対象となる図書等の著作権は事業者が所有しています。無断で複製し、販売、貸与、他のホームページへの掲載などを行うと、著作権法違反になる場合がありますので十分にご注意ください。

図書等のホームページ掲載の期間について

 ホームページに掲載する図書等は、大阪府環境影響評価条例に基づく縦覧の期間が終了しても、引き続きご覧になっていただくことができます。図書等のホームページ掲載の終了の時期については、原則として次のとおりとしますが、必要に応じて変更する場合があります。

図書等

ホームページ掲載の終了の時期

方法書準備書がホームページに掲載されるまで
準備書評価書がホームページに掲載されるまで
評価書最後の事後調査報告書の縦覧(提出を受けた日から3年間)が終了するまで
説明会開催結果
事業者に対する意見の概要及び見解書
知事に提出された意見の概要
公述意見に対する見解書
審査会の検討結果
知事意見
事後調査計画書
着工届出書
事後調査報告書
工事完了届出書

このページの作成所属
環境農林水産部 環境管理室環境保全課 環境審査グループ

ここまで本文です。