「やさしい日本語」を使いましょう!

更新日:令和2年5月11日

「やさしい日本語」について

近年、わが国を訪れる外国人旅行者が増加しており、また、様々な国や地域の外国人が暮らす中、コミュニケーションツールとして、「やさしい日本語」が注目され、国や自治体、マスコミなどにおいて利用が広がっています。

「やさしい日本語」は、1995年の阪神・淡路大震災において、被災した外国人が避難所やライフラインなどの日本語による情報を十分理解できず困ったことがきっかけに始まりました。

普段使う日本語よりも簡単で、外国人にも理解しやすいよう考察されましたので、災害だけでなく、観光や日常生活、行政情報の提供などでも活用できます。さらに、外国人の方に限らず、子どもや高齢者など、様々な人々にとっても分かりやすいものです。

「やさしい日本語」には、簡易な表現を用いる、文の構造を簡単にする、漢字にふりがなを振るなど基本的なルールがありますが、大切なことは、「自分が何を伝えたいのか」「相手方に上手く伝わっているか」です。

ぜひ皆さんも「やさしい日本語」を使ってみてください。


 「やさしい日本語」の例

 ●大雨に十分警戒してください。
   ⇒雨(あめ)が たくさん ふります。注意(ちゅうい)して ください。

 ●公共交通機関でお越しください。
   ⇒電車(でんしゃ)や バスで 来(き)て ください。

easy japanese

テキスト「やさしい日本語を使いましょう!―外国人とのコミュニケーション術―」のダウンロード

すべてのページを一括してダウンロードする場合はこちら(PDFファイル/6.63MB)

 ※ファイルサイズが大きいので、ご注意ください。

分割してダウンロードする場合はこちら

内容

ダウンロード

表紙 目次

PDFファイル/310KB

はじめに 「やさしい日本語」とは

PDFファイル/192KB

「やさしい日本語」の作り方
 作り方のルール / ツール

PDFファイル/333KB

「やさしい日本語」を作ってみよう
 災害 / 健康・医療 / 生活・仕事 / 年金・税金 / 子育て・教育 / 実践練習

PDFファイル/370KB

「やさしい日本語」用語集

PDFファイル/280KB

「やさしい日本語」活用事例
 ウェブサイト・SNS / 冊子 / 掲示・配布物

PDFファイル/382KB

このページの作成所属
府民文化部 都市魅力創造局国際課 国際化推進グループ

ここまで本文です。