大阪府証紙の取扱いについて

サブメニューを飛ばして本文へ

ここから本文です。

更新日:平成30年9月14日

○重要なお知らせ

運転免許証やパスポートの交付申請など、大阪府の手数料納付においてひろく使用していただいている「大阪府証紙」は、平成30年(2018年)10月1日に廃止いたします

証紙廃止について

平成30年(2018年)9月30日をもって販売(売りさばき)を終了(※1)しますが、購入済みの証紙につきましては、制度の見直しに伴う経過措置として、平成31年(2019年)3月31日までは、各申請窓口において、従前どおり大阪府への手数料の納付に使用できます(※2)。

大阪府証紙に替わる新たな手数料の納付方法等の取り扱いについては各申請窓口までお問い合わせください。

下記2の大阪府証紙の販売場所で購入いただいた大阪府証紙(著しく汚損またはき損されたものを除く)は、所定の証紙返還申請書により2024年3月31日までに返還申請を行ってください。返還いただく証紙や、申請の内容を確認のうえ、証紙の購入代金を還付いたします。

証紙の還付(払い戻し)手続きについて 

(※1)門真運転免許試験場、パスポートセンター及び土日に営業している売りさばき所は9月30日の営業時間まで販売、その他は9月28日の営業時間をもって販売を終了します

(※2)門真運転免許試験場及び日曜日に開庁している窓口は3月31日の申請受付終了時間まで使用でき、パスポートセンターでは3月31日のパスポートの交付終了時間まで使用できます。その他は3月29日の申請受付終了時間をもって使用が出来なくなりますので、ご注意ください。

.大阪府証紙とは

大阪府への各種申請に必要な手数料や狩猟税を納付するときに、現金のかわりに申請書等に貼付して納めていただくものです。

.大阪府証紙の販売場所

大阪府証紙は、大阪府の指定する次の販売場所で平成30年9月30日(一部販売場所では同年9月28日)まで販売しています。
販売場所によっては、扱っていない券種がありますので、販売場所に在庫状況・販売券種をあらかじめご確認いただくことをお勧めします。また、狩猟税証紙の販売は、りそな銀行大手支店及び公益社団法人大阪府猟友会となります。

 ○大阪府証紙取扱い金融機関

   ・地域別一覧     ・金融機関別一覧

 ○大阪府警察各警察署 (販売時間 月曜から金曜(年末年始、祝日除く) 9時から17時45分)
    
   ・大阪府警察のHP(府下警察署の御案内)が別ウィンドウで開きます。

 ○指定売りさばき人

    市町村一覧 (※一部の市町村に限られます。)

   指定売りさばき人一覧 (市町村は除きます。) 

このページの先頭へ戻る

.大阪府証紙の郵送での購入方法

大阪府域外にお住まいの方や「2.大阪府証紙の販売場所」で大阪府証紙を購入することができない方は、大阪府職員生活協同組合が郵送での販売を受け付けております。
詳しくは、こちらのページをご覧ください。

このページの先頭へ戻る

.大阪府証紙の券種

手数料を納付するための証紙の券種

1円証紙5円証紙10円証紙30円証紙
50円証紙100円証紙200円証紙300円証紙
400円証紙500円証紙700円証紙1000円証紙
2000円証紙3000円証紙5000円証紙10000円証紙
50000円証紙   ―        ―       ―

 

 

 

 


※平成23年9月1日から、大阪府証紙の図柄を変更しています。 

狩猟税を納付するための証紙の券種

2700円証紙4100円証紙5500円証紙8200円証紙
11000円証紙16500円証紙

―    

 

 


※狩猟税証紙は、りそな銀行大手支店又は公益社団法人大阪府猟友会で販売しています。



このページの先頭へ戻る

.購入にあたってのご注意

購入される前に、申請窓口に必要な証紙の額面等をご確認いただき、次のことに特にご注意ください。

○収入印紙と間違っていないか。
○他府県の証紙と間違っていないか。
○購入される証紙は、必要な額面、枚数か。

6.使用にあたってのご注意

著しく汚れたり、破れたりした証紙は使用することができません。
購入後の証紙の保管には、十分ご注意ください。

このページの先頭へ戻る

.購入された証紙の購入代金の還付(平成30年9月30日までのご案内)

購入した証紙が不要になり、今後使用する見込みがない場合で、次のような理由に該当する場合に限り、証紙の購入代金を返還申請していただくことができます。

(1)申請が不要となった場合

 ・申請を取り下げるなど、証紙がいらなくなったとき。
 ・転居、病気等の理由により申請に至らなかったとき。
 ・制度の改正により、申請が不要となったとき。など

(2)証紙を誤って購入した場合

 ・収入印紙及び他の地方公共団体が発行する証紙と誤って購入したとき。
 ・手数料額以上に証紙を購入したとき。
 ・重複購入したとき。
 ・証紙の券種を誤って購入したとき。など

(3)上記(1)(2)の理由にかかわらず、次の場合は購入代金を還付いたしません。

 ・消印のされた証紙
 ・著しく汚損し、またはき損した証紙

返還申請の手続き及び申請書の様式については、次の「8..証紙の還付(払い戻し)の手続き」をご覧ください。

このページの先頭へ戻る

.証紙の還付(払い戻し)手続き

証紙廃止前(平成30年9月30日まで)と廃止後(平成30年10月1日から)において、還付申請の取り扱いが変わりますのでご注意ください。

平成30年9月30日までの証紙返還申請について

平成30年10月1日以降の証紙返還申請について

※知事の指定を受けた証紙売りさばき人の方が行う証紙返還申請については、会計局会計総務課までご相談ください。
※狩猟税証紙については、税務局徴税対策課へご相談ください。

    PDFをご利用になるにはAdobe Readerが必要です。
    
Adobe System社のサイトからAdobe Reader(無償)AdobeReaderの公式サイトをダウンロードできます。

このページの先頭へ戻る

.大阪府証紙に関する問合せ先

大阪府会計局 会計総務課 総務グループ

電話番号 06−6944−6070

 メールフォームによるお問合せ

※会計局会計総務課への行き方は、こちらのページをご覧ください。

 

このページの作成所属
会計局 会計総務課 総務グループ

ここまで本文です。