認知症医療・介護連携

更新日:平成29年9月15日

認知症医療・介護連携

平成29年度 医介連携枠組み構築に向けた橋渡し支援事業

合同セミナーについて

 「医介連携枠組み構築に向けた橋渡し支援事業合同セミナー」を開催します。

  日時:平成29年9月13日(水曜日) 13時50分から
 場所:マイドームおおさか Aホール
 内容:【講演】 認知症初期集中支援チームの効果的な介入と認知症医療介護連携の構築について
     【取組報告】 調整中

  ⇒申込はこちら(外部サイトを別ウインドウで開きます)(終了しました)

 講演資料

   【取組報告】 山口県宇部市 「認知症初期集中支援チームの現状と課題について」 講演資料 [PDFファイル/2.31MB]

   【講   演】 大阪大学 大学院医学系研究科情報統合医学講座精神医学 教授 池田 学先生

                 ⇒現在加工依頼中です。しばらくお待ちください。

認知症に関する医療資源調査について

高齢化の進展に伴い、今後、高齢者の約4人に1人が認知症の人又はその予備軍となるなど、認知症対応は、地域・在宅における喫緊かつ重大な課題となっており、ますます認知症支援体制の充実が求められています。                                                                                              そのため、府内医療機関の認知症に関する診断・対応体制等の実態を把握し、認知症支援体制の充実を図るために調査を実施します。 

平成28年度 認知症医療・介護連携の枠組み構築のためのモデル事業

大阪府では、二次医療圏域単位で認知症医療・介護連携の枠組みを構築し、市町村の地域ケア会議で適切な認知症医療・介護の連携がなされるよう、二次医療圏域で認知症に関わる医療関係者と圏域内の市町村、地域包括支援センター、認知症地域支援推進員等が集まり、顔の見える関係づくりから、認知症医療と介護の連携の在り方を検討するモデル事業を実施しています。

南河内二次医療圏域

■第1回 認知症医療介護連携推進会議

  日時:平成28年6月8日(水曜日)

  内容:モデル事業の説明と今後のスケジュール・進め方について、取り組みの現状・課題について(参加機関の認識共有)

■第2回 拡大講演会 他府県における先進事例紹介

  日時:平成28年8月10日(水曜日)

  内容:【講演】2つのIctシステムを併用した地域包括ケアシステムの構築 

          ―栃木県における医介連携Sns「どこでも連絡帳」と地域医療連携「とちまるネット」の併用―

      【講師】一般社団法人栃木県医師会 常任理事 長島 公之 先生

           講演資料はこちら →一括ダウンロード 講演資料 [PDFファイル/10.88MB]                      

                       →分割ダウンロード 講演資料1 [PDFファイル/3.77MB]  講演資料2 [PDFファイル/4.76MB]  

                                   講演資料3 [PDFファイル/3.27MB]

このページの作成所属
福祉部 高齢介護室介護支援課 認知症・医介連携グループ

ここまで本文です。