【検討終了】府営住宅駐車場における「コインパーキング」事業


概要(説明)

 府営住宅の駐車場は、入居者の高齢化等を背景に需要が低下しており、空き区画が20%を超えています。

 大阪府の財産を有効活用し、広く府民の利便性向上を図り、地域のまちづくりに貢献するという観点から、駐車場の空き区画を活用して、コインパーキング事業を実施しています。



発端は何?

 府営住宅の駐車場の空き区画の割合が年々増加しているという背景を踏まえ、府民の財産である府営住宅を経営する視点で駐車場の利用率を上げることで歳入を確保すること、また、府民の利便性の向上や地域のまちづくりにも貢献するという視点で空き区画を有効活用することなどが、府民や議会からも求められているところです。

 特に、府営住宅には来客用駐車場がないため、団地自治会から来客用駐車場設置の要望が多く、また、団地近隣の住民からも周辺にコインパーキング等がないため、空き区画を利用させてほしいといった要望があります。

寄せられたご意見

 団地自治会からは「来客用駐車場を設置してほしい」というご意見が多く寄せられています。また、既にコインパーキングを設置している団地自治会や団地近隣の住民からは「もっと増設してほしい」と言ったご意見も数多く頂いております。

 府としては、このようなご意見を踏まえ、コインパーキング事業者と協議しつつ、コインパーキング事業の推進に努めてまいります。



今後の予定は?

 府下の府営住宅において、延べ約2,200台のコインパーキングが設置されています(平成26年8月時点)。

 既にコインパーキングが設置されている団地の自治会から増設の要望があった場合、府は事業者と協議・検討しながら、増設可能な団地については適宜増設してまいります。



どこまで進んでいるの?

打合せ等の状況 所属等 所属等から部局等への矢印 部局等 部局等から知事・副知事等への矢印 知事・副知事等
総務部長レク 2012年6月28日
住宅経営室長決裁 2012年8月24日

このページの作成所属
住宅まちづくり部 住宅経営室施設保全課 施設管理グループ

ここまで本文です。