【検討終了】府営住宅の駐車場管理業務委託の入札制度の導入


概要(説明)

 府営住宅の駐車場管理業務については、平成25年度までは団地自治会に限定して委託してきましたが、平成26年度業務分から入札制度を導入し、公募により、駐車場管理業務の事業者を決定する制度に見直しました。

 公募は、府営住宅を管理している各指定管理者が発注者となって、団地自治会や民間事業者を対象に実施しています(第1回目の公募は、平成26年度業務として平成25年度に実施)。

 主な業務は、府営住宅の駐車場施設の「巡回業務」、「清掃業務」、「除草業務」です。

   [参考] 府営住宅駐車場の区画数

     ・府営住宅384団地 計 約80,000区画 (平成26年3月現在)



発端は何?

 府議会において、高齢化の進む府営住宅では団地自治会の駐車場管理の負担が増大していることや、府民目線に立って委託方法の透明性を確保する必要があるとの指摘を受けたことを踏まえて見直すこととしました。

寄せられたご意見

 これまで入札制度の導入検討にあたり、入札に不慣れな団地自治会から、「高齢化しており、新たな入札手続きや業務を行うことが大変。人材が少ない」、「落札できなければ、収入源がなくなり、自治会活動が衰退する」、「民間事業者に、自治会が行なってきた細やかな業務の対応ができるのか」といったご意見を頂きました。

 こうしたご意見も踏まえながら、入札制度を構築するとともに、引き続き、丁寧な説明に努めてまいります。



今後の予定は?

 府営住宅の駐車場管理業務は、これまでの議会での議論や団地自治会のご意見も踏まえ、公平性・透明性の観点から、平成25年9月と平成26年1月に公募入札を実施し、平成26年4月から新制度による業務を開始しました。

 今後も引き続き、公募入札結果の状況や事業者の業務の実施状況、団地自治会のご意見などを参考にしながら、よりよい制度になるよう努めてまいります。



どこまで進んでいるの?

打合せ等の状況 所属等 所属等から部局等への矢印 部局等 部局等から知事・副知事等への矢印 知事・副知事等
住宅まちづくり部長打ち合わせ 2013年8月8日
住宅経営室長決裁 2013年9月11日

このページの作成所属
住宅まちづくり部 住宅経営室施設保全課 施設管理グループ

ここまで本文です。