【検討終了】府営住宅のストック総合活用計画の策定


概要(説明)

府営住宅の建替え、耐震改修等の事業を適切に選択し、耐震化やバリアフリー化など良質なストックの形成に資することに加え、募集や入居管理、空室等の府営住宅資産の活用等、府営住宅の総合的な活用を進めるため、今後10年間の活用方針を示す計画を策定します。

発端は何?

平成18年度から10年間の計画である現在のストック総合活用計画は、社会情勢の変化や事業実績等を踏まえ、5年で点検・見直しを行うこととしており、23年度は見直しの時期を迎えています。
また、「大阪府財政構造改革プラン(案)」において、府営住宅の供給を中心とした政策から新たな住宅政策への転換を打ち出し、府営住宅については、市町と連携した地域のまちづくりの推進、建替え必要度合いの精査などを行います。

寄せられたご意見

-

今後の予定は?

「大阪府営住宅ストック総合活用計画」及び「大阪府営住宅ストック活用事業計画」を策定し、平成24年3月29日に公表しました。

これらの計画に基づき、府営住宅ストックを有効に活用していきます。



どこまで進んでいるの?

打合せ等の状況 所属等 所属等から部局等への矢印 部局等 部局等から知事・副知事等への矢印 知事・副知事等
住宅経営室長打合せ 2011年7月21日
住宅まちづくり部長打合せ 2011年7月25日
副知事打合せ 2011年8月2日
知事打合せ 2011年8月4日
住宅まちづくり部長決裁 2011年12月28日
住宅まちづくり部長決裁 2012年3月19日

このページの作成所属
住宅まちづくり部 住宅経営室経営管理課 計画グループ

ここまで本文です。