大阪府証紙廃止に伴う手数料納付方法の変更について

更新日:平成30年9月13日

現在サービス付き高齢者向け住宅の登録等に係る手数料については、大阪府証紙により納付いただいておりますが、平成30年10月1日付けで大阪府証紙徴収条例が廃止されることに伴い、次のとおり手数料の納付方法が変更となります。


なお、平成30年10月1日以降につきましても、既にご購入いただいた大阪府証紙での手数料納付は可能です。(平成31年3月31日まで)
また、ご使用予定のない大阪府証紙については、還付申請により証紙購入代金を返還いたしますので下記の参考ページよりお手続きください。(還付申請は平成36年(2024年)3月29日まで。)

■新しい手数料納付の流れ

1.住宅まちづくり部都市居住課窓口(咲洲庁舎27階)において、申請書類の審査

2.審査終了後、都市居住課窓口にてバーコードを付設した受付票を交付

3.受付票を手数料納付窓口(※)へ持参いただき、現金納付

4.受付票の右上に納付済みの印字をご確認の上、都市居住課窓口へ

5.都市居住課窓口にて、納付状況を確認し申請書類受付

手数料納付窓口(咲洲庁舎1階)の営業時間は9時15分から17時30分までです。
  書類審査には一定の時間を要しますので、来庁時間によっては当日受付ができない場合もございます。あらかじめご了承ください。


【参考ページ一覧】

大阪府証紙廃止について

大阪府証紙の取り扱いについて

証紙返還申請について(平成30年9月30日までに申請する場合)

証紙返還申請について(平成30年10月1日以降に申請する場合)


このページの作成所属
住宅まちづくり部 都市居住課 安心居住支援グループ

ここまで本文です。