サービス付き高齢者向け住宅の登録の更新

更新日:平成28年9月27日

サービス付き高齢者向け住宅登録・閲覧制度

制度概要

登録基準

登録方法

登録の更新

登録情報の閲覧

定期報告  

サービス付き高齢者向け住宅の更新の登録申請について

サービス付き高齢者向け住宅の登録については、高齢者の居住の安定確保に関する法律第5条第2項の規定により、5年ごとに更新が必要となっております。

更新されない場合、登録は失効しますので、登録から5年目を迎えるサービス付き高齢者向け住宅は、忘れずに、更新の登録申請をしてください。

また、政令市・中核市に立地する物件の場合は、それぞれの市が更新の登録を行いますので、更新手続きにつきましては各市の担当窓口でご相談をお願いします。(申請書類が異なることがありますのでご注意ください)

(登録を行っている市)

大阪市・堺市・高槻市・東大阪市・豊中市・枚方市 登録窓口一覧 [PDFファイル/33KB]

更新の登録申請の方法 

【申請期間】

更新の3,4ヶ月前に、登録されている事務所あてに、更新時期のお知らせを郵送させていただきますので、登録の有効期限の満了の日の90日前から30日前までに、更新の登録申請をしてください。

【申請方法】

下記の更新の登録申請の必要書類を作成し、大阪府住宅まちづくり部都市居住課に3部※(正本1部、副本2部)提出してください。(郵送は不可)

※大東市、摂津市、藤井寺市、四条畷市、交野市は2部(正本1部、副本1部)

【更新の登録申請の必要書類】

必要書類一覧 [PDFファイル/70KB]

※加齢対応構造チェックリストについて、新たに建築士が作成したものを提出するのが困難な場合は、「建築士によるチェックリストの作成が困難な場合の作成方法 [PDFファイル/254KB]」のとおり、登録申請(変更届を提出している場合は変更届)時のチェックリストの写しの末尾に、「改修を行っておらず、変更がない」旨を記載し、登録事業者の商号、名称、氏名を(登録事業者が法人である場合は代表者の氏名も)記名、押印したものを提出してください。

 ただし、登録後、変更届を提出せずに改修を行っている場合は、更新の登録申請の前に、変更届を提出いただく際に、新たに建築士が作成した加齢対応構造チェックリストを提出してください。

○様式

 誓約書(入居基準)(別紙1) [Wordファイル/20KB]

 誓約書(欠格要件)(別紙4) [Wordファイル/22KB]    チェックリスト(入居基準) [Excelファイル/29KB]

 状況把握・生活相談サービス以外のサービス選択に係る説明書(別紙2) [Wordファイル/28KB] ※重要事項説明書内に記述がある場合は、別紙2は不要

 サービス付き高齢者向け住宅事業の登録申請書に記載する事項に係る留意点

 チェックリスト(加齢対応構造基準) [Excelファイル/346KB]    ・記入例 [PDFファイル/412KB] 

 有料老人ホームの重要事項説明書(高齢介護室介護事業者課サイト)

【登録の更新申請手数料】

 更新の申請にあたっては登録手数料が必要です。登録手数料についてはこちらです。登録更新手数料 [PDFファイル/33KB]

留意事項

 ○有効期間の満了の日までに更新の登録申請をされなかった場合、登録はその効力を失い、抹消されることとなります。

 ○登録の効力を失った後も同様に事業を続けた場合、法第14条の名称使用制限の規定に抵触するおそれがあるとともに、法第23条の老人福祉法の特例の規定が適用されなくなります。また、国の補助金の交付を受けて整備したサービス付き高齢者向け住宅やその併設施設については、補助金返還事由に該当することとなります。

 ○現在の登録事項に変更がある場合は、更新の登録申請の前に変更届を提出していただく必要があります。登録事業者の変更がある場合については、変更手続きが完了しなければ、更新の登録申請ができません。登録事業者の変更については、提出添付書類が多数必要になりますので、至急ご相談ください。

更新申請についての連絡先

○規模・設備基準に関すること、契約関連(賃貸借契約、終身建物賃貸借契約の場合)に関すること、その他これらに関連すること

   住宅まちづくり部 都市居住課 安心居住推進グループ 06−6941−0351(内線3034、3037)

○サービスに関すること、契約関連(賃貸借契約、終身建物賃貸借契約以外の場合(利用権方式の場合))に関すること、その他これらに関連すること

   福祉部 高齢介護室 介護事業者課 施設指導グループ 06−6941−0351(内線4493)

このページの作成所属
住宅まちづくり部 都市居住課 安心居住推進グループ

ここまで本文です。