関連公共施設の整備

更新日:平成29年5月30日

国際文化公園都市モノレール

○区間・延長

 ・計画区間  万博記念公園駅から(仮称)東センター駅まで 延長9.1km
 ・開業済区間 万博記念公園駅から彩都西駅まで 延長6.9km

○位置図

 ⇒ 彩都と関連公共事業図はこちら

○建設主体

 ・支柱、桁及び駅の基本構造物などは大阪府、車両、車両基地、信号システム及び駅の改札施設などは大阪高速鉄道株式会社
  (大阪高速鉄道株式会社は、大阪府と民間の共同出資により設立された第三セクターです。)

○事業費

既執行額

残事業費

合計

支柱や桁及び
駅の基本構造物など 

大阪府

56億円49億円105億円

国・その他

 375億円176億円551億円

小計

431億円225億円656億円

車両、車両基地、信号システム及び駅の改札施設など

174億円 94億円268億円

合計

605億円319億円924億円
 

都市計画道路 茨木箕面丘陵線

○区間・延長

 ・計画区間  国道171号から府道茨木亀岡線まで 延長6.4km
 ・供用済区間 国道171号から国文都市4号線(彩都西駅)まで 延長2.4km

○位置図

 ⇒ 彩都と関連公共事業図はこちら

○大阪府事業区間

 ・国道171号から西部地区界まで(清水高架橋含む)
 ・西部地区界から中部地区界まで(岩阪橋梁)
 ・中部地区界から東部地区界まで(佐保川橋梁)

 ○事業費

平成27年度
までの執行額

残事業費

合計

大阪府

45.7億円39.3億円  85億円

45.7億円39.3億円 85億円

合計

91.4億円78.6億円170億円

○清水高架橋について

 国道171号の渋滞を解消するため、国道171号との交差点(清水交差点)の立体交差化を行うものです。

 ・事業延長 0.4km
 ・車線数  4車線
 ・事業費  約16億円
 ・整備状況 平成23年7月供用済(4車線の内、2車線を暫定供用)  

○岩阪橋梁について

 彩都西部地区と中部地区を結ぶ区間で、UR都市機構が施行する中部地区の整備に合わせて大阪府が実施するものです。

 ・事業延長 280m
 ・車線数  暫定2車線(完成4車線の内、西行き車線部分を暫定整備)
 ・事業費  約17億円(暫定2車線分、ただし用地費は4車線分)
 ・暫定整備完了 平成26年度末

このページの作成所属
住宅まちづくり部 都市居住課 彩都プロジェクト推進グループ

ここまで本文です。